Siki

北斗 -ある殺人者の回心-のSikiのネタバレレビュー・内容・結末

北斗 -ある殺人者の回心-(2017年製作のドラマ)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後までずっと重いドラマだが、とても考えさせられた。

日常的に虐待を受けてきた端爪北斗は愛を感じられないまま育ってしまい、里親の愛に包まれ、助けたい一心で波洞水を買い、罪を犯してしまった、というストーリーの救いようのない惨たらしさが胸にくる。

しかもその虐待がハンガーを縦に伸ばして作った針金の棒であるために、余計に痛々しさが増す。

頭の良い北斗はきっと波洞水が効能のない水だと気付いていたかもしれないが、美味しそうに水を飲む里親の顔を見られるのならそれで良かったのかもしれない。
それにしても、事実が判明した時の里親の申し訳なさそうな顔が本当に辛くて…知らないままの方が良かったのだと思った。

きっと色眼鏡で見る人が多いだろうけれど、複雑で繊細な役を演じきった主演の中山優馬くんには、本当に もっとちゃんと評価されて欲しい。他にも彼の演じる作品を見たい、と思わせてくれた作品でもあった。
すごくしんどくて悲くて、鑑賞後は他に何も考えられなくなって泣いてしまうのに、何故か また見たくなる。