今際の国のアリスのネタバレ・内容・結末 - 5ページ目

「今際の国のアリス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<よかった所>
・ゲームを試行錯誤して解く所
ライアーゲーム的な頭脳戦としての面白さと、単純に主人公が活躍するシーンが多いので楽しかった。

・土屋太鳳
ショートカットと運動神経の良いキャラクターがよく似合っていた。
演技も一番上手かったと思う。



<気になった所>
矛盾するシーンありまくりなので、ツッコミつつも楽しみながら羅列していきますw


・主人公の2人の友達→あの演技はどうにかならんかったのかね…

・刀ハゲ→ただの厨二病じゃねぇか!

・ピアス野郎→ただの中学デビューじゃねぇか!

・アグニ→ただの八つ当たりじゃねぇか!帽子屋よりお前の方が狂気だわ!

・食料問題
アリスとウサギが罠をしかけて野生動物を狩ろうとする描写から食料を得るのも大変なことが分かるのに、ビーチのあの人数の多さよ。絶対あの人数の食事用意できないよね??

・ビーチ、人多過ぎ問題
上記と被るけど、2時間かけて大虐殺されたのに最後炎の周りにいた人達かなりの数残ってたよ。一体あそこに何人いたんだ。



<最後に>
こういう話は黒幕とゲームのロジックが気になるタイプなのでシーズン1完走後、即ネタバレ見たら原作でもそこは描いてないらしい。なーんだ期待外れ。GANTZみたいな話を想像してたのに。
頭脳戦が好きなので☆4ですが、終盤みたいなしんみりした展開が続くなら続編は観ないかなー。
チープなSAW的な…🙁
泣きべそかいてたのに何故か急に覚醒して謎解きしまくる引きこもりゲーマー、寒い。
すぐ感情的になって叫んで女性にだけなん癖つけて暴力ふるうThe日本男児みたいのいてNetflixだから海外の人も観れるのに恥ずかしいなぁと思い観てられなくなり脱落
イントネーション
有栖⤵️だな
宇佐木⤴️だな

カイジのゲーム性とGANTZのバトル性に近い感覚。

合成とは言え、渋谷の人間を消すのは苦労があるね。
素晴らしい。

但し、まだまだ動物のCGは厳しいと感じる、黒豹やライオンは他の設定にして欲しかったな。

青柳がゴリラ馬鹿になってて、
よくここまでパンプアップしたと感動。

また朝比奈さんの格闘シーンは意外だったが、しっかり作られていて、こちらもヨシ。

唯一、これ系のストーリーのネックは落ちをどうするか?
結論は持ち越しですか、、、。

それでも、中々の良作でした。

どこぞの竹内涼真のゾンビ作品はダラダラとヌルい展開は地上波の限界なのか、、、

第二シーズンに期待する。
一気に見ました。
理不尽なゲームはなぜ起きてるのか謎は深まるばかり…。
主要キャストと思われる人々がどんどん消えてゆく…どうなるのかな、この先…気になります。
ネットフリックスにて鑑賞。現実とはかけ離れた映画やドラマはなかなか観ないのですが、このドラマは一気に観てしまいました。③話だったと思いますが、涙なしには観ることができませんでした。まさかの運営側もゲームに参加させられていたなんて…。次のシーズンが待ち遠しくて仕方がないです。土屋太鳳さんと山崎賢人さんの演技力にも魅了されました。
一気観!!

おもろーい!!
こんなゲーム怖いけどチャレンジしたくなる笑
(もちろん命は掛けない程度のやつ)
これはね〜、もう、面白かった!!
話数も少なめなので一気に見ました。というか途中でやめられない。

一個だけ気になることがあるとしたら、各ゲームで必ずみんなが助かる方法がありそうだったのに3話だけ、なぜ…???
ってことかなあ

でもまあ、とにかく面白かった!
山崎賢人と土屋太鳳のケミってやっぱ神
今まで好青年とかホストとかイケメン枠だった山崎賢人がニート??できんの??って思ったけどハマり役だし
太鳳ちゃんのアクションバカかっこいい、、多分ワイヤ使ってるとはいえ圧巻の身体能力の高さよ

カイジとか原作あるけど映画で大々的に実写化されてるから2hくらいずつしか作れないけど
こういうデスゲーム的なの色々伏線貼って細かく作れるのがNetflixドラマの醍醐味

カルベとチョータが冒頭3話で消えるのは衝撃的すぎ…
かくれんぼで最初アリスたちが生きるために「狼が隠れるかくれんぼ」って解釈してた
でも最終的に"狼"のアリスが2人の片方を生かそうとして探すけど、同様に羊の2人もアリスのことを思って"一匹狼"から隠れるって
ちゃんとしたルールのかくれんぼの伏線回収もしててなるほどって

個人的イメージだけど金子ノブアキは本当にああいう役似合うし、ああいう役やらせた作品売れてる気がする

虹くん不思議キャラで出してくれるの嬉しいです〜仲里依紗もあんなモブ役で終わると思ってなかったからs2楽しみ
一気見した。こういうゲーム系の作品好きなんだけど、どれもなんとなーくゲームのオチが分かってしまった
序盤の主人公たち3人組の活躍がもっと見たかったな〜ビーチのくだりからは失速した感じはした
面白かったし、アクションシーンの迫力は凄まじかった。GANTZ、図書館戦争、KINGDOMなどと同じ監督なのか…この辺りのアクション映画は邦画の中でも好きな類だけど、案の定今作も好きだった。特にラスボスの日本刀は本当に格好良かった。
山﨑賢人と土屋太鳳はもはや往年の夫婦のような安定感を与えてくれるというか、この2人を見ると大丈夫だなと感じてしまう。土屋太鳳に関しては、orange以来拭えなかった苦手意識が今作で完全に飛んだ。アクション格好良すぎる。運動神経が良いことは知っていたけどこれほどとは。硬さを感じさせないしなやかなアクションはダンスから来ているのかな。
どことなくGANTZやカイジの雰囲気があるからこの2作が両方好きな人は間違いなくはまると思う。ところで無人の渋谷どうやって撮影してるんだろう…。