俺の話は長いのネタバレ・内容・結末

俺の話は長い2019年製作のドラマ)

公開日:2019年10月12日

製作国:

4.2

「俺の話は長い」に投稿されたネタバレ・内容・結末

サザエさんだった
このドラマで生田斗真さんが東京ドラマアウォード2020で主演男優賞受賞!
ってことで期待して観ました。
丁度一年前放送されていたのですね。

ほんわか優しいお母さんの原田美枝子さん。
強いお姉さん綾子役の小池栄子さん。
義兄の光司役の安田顕さんもいい感じ。

お姉さん夫婦が家の建て替えの間、実家に同居する事になって。

満役の生田斗真さん最高良かった😁

面接、あの調子で受かったのかどうかが気になる
大好きなドラマ、録画をずっと残していて時々見返してます。昨日も久々に1話を見返しました。
クスッと笑えるし胸があったかくなる。

ドラマを観るというよりみつるたちの日常を覗いて見る感覚なのかな、だから疲れず見ていて安心できるんです。ドラマは好きだけど見るだけで結構スタミナ使うんですよね、だからよく見ないで溜めちゃう。でもこのドラマはそんなこと無かった。

ていうのも1話を初めて見た時度肝抜かれたんですよね、1話30分ってのにも驚きましたけど1番はオチの付け方。なんだこのエモい終わり方は!!!って当時震えました。こんな終わり方でいいのかって。
とにかくこのドラマリアルなんですよね、ほんとにキャラクターが生きてる。だからこそあのオチなんですよね。
本当に生きてる人はドラマ的な行動取らないですから。
だから最後までみつるはお店を継がなかった。普通のドラマなら継ぐ方に持っていくかなと思うんです、それでハッピーエンドって。でもみつるはそうしなかった。作者の都合で動くドラマの中の住人じゃなくてほんとに生きてるから。

そう思わせてくれた脚本、演出、演者さん素晴らしいです。続編希望です。できるなら早いうちにやって欲しいなぁ…
生涯、心に残るドラマ。

押し付けのない真理。
人はなかなか変わらないけど、微妙にちょっとずつ誰かの影響を受けて、ある日一歩を踏み出すことになる。

サザエさん的コメディなのに、ちゃんと人間の成長が描かれていて、すごい。
特に最終回が、とても自然できちんとすべてを回収して、感動して笑える。

お父さんと呼ばれて車止めるとか、すごいシナリオです。
脚本はそこそこだったかもしれないけれど、斗真くん、かやちゃん、安田さん、小池さんなとなどあの演技力のある方々が集まっていたからこそ面白かったドラマなのだろうなと思った。
サザエさん方式も話の中だるみがなくてよかったと思う。
斗真くんは本当にダメ男役が似合うなと思った。かやちゃんは前から好きだったけどもっと好きになった。朝ドラもちゃんとみたい。
ずっと前に見た記録。

素敵な家族だね
うーん。
屁理屈いうキャラだけどなんか納得させられる、ってとこまであんまいってないかな。けっこう普通にただただ腹立つ。好みだろうけど。30で親の世話になってるニートっていう背景だからだろうけど、珈琲屋の夢が破れて落ち込んでるっていうのがそれを中和させる材料なのかもしれないけど、個人的にはあんま効いてないとおもった。
間宮翔太郎を斬るところは面白かった、ああいう違和感ある人の違和感を斬ってくならいいんだけど、どう見ても堕落してる方の人間がそうじゃない人に対し屁理屈こねてうだうだ言ってるのは見てて全く気持ちよくない。
最高におもしろかった
なんだかんだ、仲良いんじゃん!って思ってみてた

あんなお兄ちゃんいたらうるさいしめんどくさいと思うけど、海連れて行ってほしい!

もっと素直になれよ!!!ばか!!!
最後のへなちょこロッキーのテーマは感動と笑いを運んでくれた

屁理屈の天才みつる
このクールで一番面白かったと思う。
オンタイムでは時間がなかったのでHuluで後追いで観ました。

リフォーム中の仮住まいとして、姉家族が、喫茶店を営む実家に一家で住むことになるというお話。
バリキャリの姉と、
元バンドマンの元ヒモ旦那と、
思春期真っ盛りのラジオ好きな中学生の娘と、
夫に先立たれてから一人で喫茶店を切り盛りする母と、
珈琲店を営むも経営に失敗してから無職で実家に居候する息子が主な登場人物。

この手の、どういう話?と言われて、説明しづらい、話の筋ではなく会話を楽しむドラマは大好物です。
いうならば寅さん的な。

役者さんがみんなうまいし、キャラがよく、口喧嘩してても家族を思い合っているのが、ほろりとさせられたり共感させられたり、爆笑したり楽しかった。
一人でも演技が微妙な人がいたら途端に世界観が崩れてしまうと思うので、本当に役者さんの力が発揮された作品と思う。

特に生田斗真と小池栄子の兄弟喧嘩が毎回良くて、しっかり者の姉と難癖つけて論破してくる弟の図に笑わさられた。

全話通して何か変化したかと言われれば、
小池栄子の自宅リフォームが完成して、
安田顕が仕事辞めてちょっと音楽復活して、
義理の娘とちょっとだけ和解して、
無職の生田斗真が働く気になった、というあまり劇的変化があったわけじゃないのに、これだけ満足感を得られるドラマは単純にすごいと思う。
>|