jnk

ウォッチメンのjnkのレビュー・感想・評価

ウォッチメン(2019年製作のドラマ)
4.0
アランムーアのウォッチメンは時代も国も関係なく描くべきことを完璧に描いているから、今の時代にウォッチメンをやればどうなるかとかいうのは何をやっても部が悪いところはある。
それでもウォッチメンの精神に最大限のリスペクトを払い、描くべきテーマやその描き方など、確かにウォッチメンでしか見れないものを見れた。
特に現実に存在したあまり知られてない虐殺事件を扱ったのはそれ自体偉いし、その描写の繊細さにも感嘆。

気になったのはコミック版との繋がりの部分で、そこがあまり関係ないところは面白く、直接繋がってる部分は辻褄合わせやただのサービスシーンに感じられるところ。
これは近年のリブート作全般に思うところなのではあるけど、過去作の話を入れることで逆に小さい話に見えてしまうというか、そういう弊害は確実にあるように思う。
コミック読んでない人にはちんぷんかんぷんで、読んでる人には不要に感じられる、結局そういうバランスにならざるを得ないのは仕方ないのだけど。
もし続編があり、新メンバーだけでこのテイストのまま完全に新しい物語をやれば傑作になる予感はする。