ブレンダン

4分間のマリーゴールドのブレンダンのレビュー・感想・評価

4分間のマリーゴールド(2019年製作のドラマ)
2.0
原作は読んでませんが全3巻の漫画だそうです。多分漫画で読むと家族の空気感とか一年後の運命とか素敵な感じがするんだと思います。
でもドラマにするとこの家族って凄くフィクショナルな存在で現実味がないんです。特に義姉はかなり美化されています。実在感のない人物が死のうが生きようが興味が湧かないし、禁断の愛と言われてもなんとも思わない。それに主人公は救命士として命と向き合うという最もリアルでシビアな世界にいるので食い合わせが悪い。
あとくだらないことですが、本気で運命変えたいと思っている人間はまず最初に誕生日にマリーゴールドを贈る習慣から改めると思う。この一点だけでも運命を受け入れているのか抗っているのかよくわかんない。全3巻の漫画では考えなくて済むこともドラマとなるとそうはいかないんですよね。