鍋レモン

おいしい給食の鍋レモンのレビュー・感想・評価

おいしい給食(2019年製作のドラマ)
5.0
⚪概要
テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12ほかで2019年10月から12月まで放送された日本のテレビドラマ。全10話。1980年代の中学校を舞台に「給食絶対主義者」の男性教師と「給食マニア」の男子生徒の給食にまつわる闘いを描いた学園グルメコメディ。

⚪セリフ
「俺は給食が好きだ」

⚪感想
ヒットしない理由が分からない!!!!
本気で最高なんです!!!!

『孤独のグルメ』の給食版と思いきやそれを超えるコメディ要素。

30分でここまで魅力を詰められるとは。

市原隼人さん演じる甘利田幸男と佐藤大志くん演じる神野ゴウのバトル。

1話1話物語の作りや展開は同じだが、発想力が凄い。
前半の学校での出来事から給食、校歌、甘利田先生が給食を食べる、神野ゴウが給食を食べる。こうした展開の中で、前半にあった伏線が後半で解ける形になっていて、「あーそういう事か!!」と驚きつつ面白い。

校歌をノリノリで踊りながら歌う甘利田先生が好き。
いつも同じタイミングで腕をぶつけるのもいい演出。
「常節中学校〜♪」と校歌も丁寧に作られていて、かなり耳に残る音楽。

産休補助としてきた武田玲奈さん演じる御園ひとみ先生も雑な扱いだけど甘利田先生の面白さをさらに引き立てる。

市原隼人さんが給食を食べる姿がかっこいい。本当に給食が好きなんだろうなと思うくらい丁寧に美味しそうに、お腹がすいているかのように食べる。
汗だったり喉がごくんごくんと動くのもまた良い。
かなりぶっ飛んだ演技でこんなことも出来る俳優さんなのかとさらに好きになってしまった。
食べている最中の心の声の演技の幅も広い。

神野ゴウを演じる佐藤大志くんは初めて見た子役の子だけど演技力が高すぎるのと何より表情がいい。
前半パートの閃きの顔と後半パートの甘利田先生に見せつけるドヤ顔が最高。毎回このシーンで笑ってしまう。

1980年代が舞台だからかこその設定やセット、衣装も楽しめる。
給食の内容も私の時や親の時とは違っていて「私の時は出なかった」「俺の時はこんなのが出た」と家族で楽しみながら観られる。

映画も観たい。

⚪エピソード(ネタバレ含む)
第1話︰海の王者、鯨の竜田揚げ
鯨の竜田揚げ、キャベツの千切り、キャベツソテー(カレー味)、春雨スープ、コッペパン、いちごジャム、牛乳

神野ゴウのタルタルソースは反則だろと思うけど、鯨の竜田揚げをパンに挟みタルタルソースをかけて甘利田先生に見せつけながら食べていて爆笑しながらほっこりしてしまった。
ここで使わなかったイチゴジャムが次への伏線に。

第2話︰魔法の粉ミルメーク
ポークビーンズ、ほうれん草のおひたし、コッペパン、ミルメーク(いちご味)、りんご、牛乳

ミルメークは溶けにくいという問題を神野ゴウは体育教師にプロテインのシェイカーを借りることで解決。しかもそれだけではなく以前使わなかったイチゴジャムを投入しつぶつぶとした食感も。
絶対美味しいやつ...。

第3話︰4番、サード、ソフトめん
ソフトめん、ミートソース、フレンチサラダ(レーズン・りんご入り)、コッペパン、牛乳

コッペパンとソフト麺とめちゃくちゃ炭水化物と思いきやちゃんと栄養管理はされているんだよね。
ミートソースの飛び跳ねをどうするかという問題は、身体測定時に来たお医者さんからアイデアを貰い神野ゴウは体操着を着ることで解決。一方甘利田先生は気をつけて食べたもののミートソースが跳ねてしまう。
神野ゴウはしっかり丼まで持参していて面白い。

第4話︰八宝菜に欠かせないもの
八宝菜、白玉フルーツポンチ、コッペパン、マーガリン、牛乳     

前半パートの授業参観での走れメロスと給食調理員さんの風邪が伏線。
神野ゴウの謎の行動と八宝菜の物足りなさ。
実は八宝菜に後乗せするはずのうずらの卵を給食調理員さんが風邪のせいで違うクラスへ運んでしまっていた。しかし、神野ゴウはそれを何となくわかっていて走れメロスのセリヌンティウスのようにメロスであるうずらの卵を待っていた。甘木田先生はそれに気づかず完食し乾杯。
白玉フルーツポンチの白玉を2個ほっぺに入れて噛み締める甘利田先生が可愛い。

第5話︰酢豚は大人の証
酢豚(パイナップル入り)、中華スープ、もやしサラダ、食パン2枚、マーガリン、牛乳

美術での神野ゴウの謎の絵。
神野ゴウが書いた絵がシュールすぎて面白い。パイナップルの謝罪を描いたって言うのが面白すぎる。
酢豚にパイナップルは私も嫌。

第6話︰ワンタンスープと名前の長いパン
ワンタンスープ、コッペパン、白身魚のフライ、タルタルソース、キャベツの千切り、ミニトマト2個、ポテトサラダ、牛乳

今回は御園先生がメインの物語な気が。
給食以外興味のない甘利田先生と思いきや意外と考えている。神野ゴウも。
給食バトルはあっさりと終わりつつも、後半は少し感動する展開。
下手だけど楽しそうな『威風堂々』が素敵。

第7話︰ヤキソバ・パンデミック
焼きそば、コッペパン、わかめスープ、バナナ、マーガリン、牛乳

かなり好きなお話。
一限目の理科はイカの解剖。二、三限目の家庭科はエビグラタン。
焼きそばなのにみんな食べないのは集団感染!?食中毒か!?と思いきやただの満腹。
しかし、神野ゴウは準備運動や瞑想を行いお腹を空かせ、授業のイカやエビまでを仕入れていた準備の良さ。美味しい海鮮焼きそばの出来上がり。
結果的には普通に食べた方が良かったと言っていたけれど美味しそうだった。
甘利田先生と神野ゴウは「同じフィールドに立つ同士に」。

第8話︰危険な果実冷凍みかん
ポタージュスープ、コロッケ、キャベツの千切り、コッペパン、マーガリン、冷凍みかん、牛乳

水筒持参が解禁。暑さにより校庭の水はお湯に。
甘利田先生まで参加の冷凍みかんじゃんけん。しかし、神野ゴウがゲット。
神野ゴウは1つ目を天然シャーベットに。もう1つは水筒のコップの中に。
校庭のお湯を使って溶かしていたのに驚くのと共に、作ったもう1つは甘利田にプレゼント。
2人に絆が芽生えてる。

第9話︰アゲパンという名のスイーツ
アゲパン、カレーシチュー、プロセスチーズ、竹輪の磯部揚げ、牛乳

揚げパンにカレーシチュー。
藤井さんと神野との恋。
理科室ではアルコールランプで食塩水蒸発させて食塩を取り出す実験。
運ぶ途中にカレーシチューがこぼれてしまいメインのおかずがナシに。
そこで神野ゴウは給食のプロセスチーズをアルコールランプで溶かしチーズフォンデュに。
邪道だけど神野ゴウの悲しい顔と諦めない思いの強さから受け入れる甘利田先生。
もう敵よりは友の2人。

最終話︰二人だけのカレーライス

ついに米飯。
私の時にはパンよりお米が多かったけど昔は逆だったんだな。
常節中学校100周年で米飯と思いきや、北中に誤送。北中に乗り込むも...。
結局ダメだったけど茶封筒に入ったおにぎりを貰い、給食も御園先生が用意してくれていてパッピーエンド。