鍋レモン

おいしい給食 season2の鍋レモンのレビュー・感想・評価

おいしい給食 season2(2021年製作のドラマ)
5.0
⚪概要とあらすじ
続編の「おいしい給食season2」では、劇場版から2年後の世界を全10話で描く。

甘利田が新しい中学に赴任して2年がたったある日、担任を務める3年1組に、かつて給食対決を繰り広げた宿敵、神野ゴウが転校してくるという展開。

⚪キャッチコピーとセリフ
“飯ませ快食”

「俺は給食が好きだ」

⚪感想
第2シーズン。

今まで観ていたドラマの中で過去一面白いかも。
1の時も言ったけどヒットしない理由が見つからない。

とにかく市原隼人さんのギャップというか全力の演技が絶妙。

笑い要素も皆がげらげら笑えるチョイスで面白すぎる。

内容はシーズン1→劇場版1→シーズン2の流れ。甘利田先生は常節中から黍名子中に異動。

日常→定番の音楽からの給食の時間→校歌+ダンス→食べる→ブーストをかけて食べる→全部食べたら神野くんへといういつもの流れが安定。

しょうがないけど武田玲奈さんではなく知らない俳優さんになっていてちょっと残念。



⚪以下ネタバレ



・1話
「餃子とわかめと好敵」
わかめご飯、揚げ餃子、味噌汁、大学いも、牛乳

常節中から異動して2年経った甘利田先生。定期的に教育委員会のあの人が見に来てるみたい。
校長先生に出されたコーヒーに結局容器ごと砂糖ぶち込むの狂ってる。褒めてる。

給食のおばちゃんこと牧野さんもこっちに再就職。甘利田先生がわかめご飯好きなの見抜いてるのがまた。

校歌は変われど安定のダンス。さすが甘利田先生。

今回の甘利田先生は気合いが違う。まさかのマイ箸登場。名前まで入ってる。

甘利田先生のお母様は料理が下手っていうのは給食が好きな理由だったような。甘利田先生の家の味噌汁は出汁を取らないから単なる味噌とき汁っていうのが笑える。

わかめご飯私も好きだったなと。他の生徒たちはねこまんまにし甘利田先生に呆れられる。

揚げ餃子。甘利田先生が食べた時にギュィーーーンってなるの面白すぎて無理。
大学いももメインのシーンではないが何故かキスしてちょっと周りを舐めてから食べるものなお面白い。

神野くんの席は空席。

黍名子には駄菓子屋さんが。急ぎすぎてガードレールにつまずいて一回転する甘利田先生本当にやめて欲しい。笑い死ぬ。

ベビースターラーメンを食べようとするも人影がいて、ベビースターラーメンに追いベビースターをする人物が。甘利田先生は「もしや...」と。
次の日甘利田先生が校門に立っているとゴジラに似た地響きが。それは神野くん。
神野くん背も高くなり声変わりもし、さらにイケメンになっていて私が死んだ。

・2話
「始まりはいつも筑前煮」
筑前煮、米飯、卵ふりかけ、野菜サラダ、オレンジ、牛乳

転校してきた神野くん。

甘利田先生の狂い方よ。
配膳室で匂い嗅ぎに来た甘利田先生面白すぎて。木のくず頭についてたよ。

甘利田先生のお母様の筑前煮は本当に不味いのね。

メインは歯科検診。グループ分け。

給食の校歌。いつにも増して甘利田先生はノリノリ。のちのち分かるが給食前の校歌は甘利田先生の提案。

牛乳瓶を開けるのをしくじる甘利田先生。それを見ていた神野くんかわわ。

甘利田先生の筑前煮タイム。ご飯にワンバウンド。音楽との組み合わせが最高。

食べ終わると...。神野くんは筑前煮を細かく刻みご飯へ。炊き込みご飯風に。そのあとはふりかけを。甘利田先生はふりかけを忘れていたという。
煽り始めた神野くん可愛いな。

終わりは駄菓子屋の糸引き飴。
甘利田先生はいちごみたいな1番小さいやつ、神野くんはオレンジ色の大きいやつ。
懐かしいし、なんかエモい。

・3話
「ナウでヤングなアメリカン」
ジャンバラヤ、コーンスープ、アメリカンドッグ、コーヒーゼリー、牛乳

おかわり券。やっぱり神野くんは当たり。

甘利田先生の給食をがむしゃらに食べる感じ最高。今回はノリノリすぎて校歌も所々イングリッシュに。

神野くんはアメリカンドッグの生地をコンスープに入れウインナーはジャンバラヤに。そしてコーヒーゼリーを牛乳に入れてシェイク。そしてそして最後にアメリカンドッグのカリカリの美味しいところを。
甘利田先生は忘れていて敗北。

今期の駄菓子屋シーン良き。
チョコバットを舐める甘利田先生に「変態かい」と聞く駄菓子屋のおばちゃんがシュール。

・3話
「クリーミー3兄弟とおたのしみ会」
マカロニグラタン、食パン、コロッケ、フルーツサラダ、牛乳

甘利田先生って数学の教師だったのかと今更ながら。
神野くんの2+1=3。

校歌での安定のダンス。

神野くんはおかわり券でパンを交換し、3種のサンドイッチを。おかわり券をイラついて破って食べる甘利田先生狂ってる。

甘利田先生無自覚に女性を褒めがち。

今回駄菓子屋シーンがなくて寂しい。

・5話
「冷やし中華はじめました」
冷やし中華、中華春巻き、スイカ、牛乳

交通安全教室。
態度がでかい警察官割とイケメン。女性の方が女子なの良かった。

冷やし中華を食べるために汗をかきまくる甘利田先生。水たまり出来てましたが...。

神野くんまさかの透明皿とマヨネーズ。甘利田先生はマヨネーズにキレるも神野くんは甘利田先生と一緒に楽しめたらと後悔。割と嬉しそうな甘利田先生笑う。

駄菓子屋さんはよっちゃんイカ。急に駄菓子屋のおばちゃんと距離が近くなった甘利田先生。よっちゃんイカにマヨネーズをつけてくれる。甘利田先生の犬の撫で肩よ。

・6話
「南から来た謎の献立」
インド煮、竹輪の琥珀揚げ、コッペパン、いちごジャム、牛乳寒天、牛乳

インド煮とは。
甘利田先生の予想はおでん。
実際はカレー煮。
神野くんは串をさしておでんに。

甘利田先生最近狂ってる。
インド煮を見ないために校歌を別室で歌うの最高に笑えた。

・7話
「赤飯はめでたいときに」
赤飯、豚汁、白身魚のあんかけ、リンゴ、牛乳

合唱コンクールの選考会。
珍しく音楽の先生が冒頭ナレーション。「僕は給食が好きだ」ではなく「私はこの先生が気になる」とかだった気がした。
音楽の先生が1組に仕掛けた秘策とは。

音楽室出る時にぶつかる甘利田先生のドジっぷり。可愛い。

2期になってから狂い始めた甘利田先生。赤飯なのを知って祝い事を探すシーン好き。聞いといて女性の先生に割と辛辣。

給食の校歌シーン。
甘利田先生は安定だけど、今日は何故か生徒がみんな甘利田先生を見て踊っている。

甘利田先生は校長の還暦を祝うけど神野くんは自分を祝う。赤飯を綺麗な形にしたのはいいけど豚汁合わせるのもったいない気が。
旗にはほっこり。

合唱コンクール選考会。
まさかの音楽の先生は甘利田先生の校歌を歌う時の様子でみたいなことを伝えていたらしく、生徒たちは甘利田先生ばりに歌いながら校歌を披露。音楽の先生以外若干引いてる。
一方で甘利田先生は生徒に自分のことを見てもらえてないと号泣。すれ違いが笑える。

最後の駄菓子屋シーン。ふ菓子。
ふ菓子を独特な食べ方をする甘利田先生。角っちょ上手いよね。
駄菓子屋のおばちゃんめちゃくちゃ優しくなってきた。ワンチャンも。

・9話
コッペパンと僕の友達

牛肉とこんにゃくの煮物、ハムとチーズのはさみ揚げ、コッペパン、カスタードプリン、牛乳

転校の男の子。何かひっかかかることが。シンゲンに給食を上げていたため、コッペパンを奪う手に。甘利田先生と神野くんが救出。

間に合わずに道中で校歌のシーンが最高。もう甘利田先生完全に狂ってる。

甘利田先生と神野くん戦わず今回は給食道の仲間としてみたいな感じだった。

次回最終回悲しい。

・10話
秋は、栗ご飯とともに

栗ご飯、スタミナ炒め、ニラ玉スープ、三色ゼリー、牛乳

ついに最終回。

教員全員お弁当の危機が迫るも回避。

生徒も先生もみんな甘利田先生が好きなのが伝わってきた。何かの好きを極める人は素敵?

最後の最後のドンパッチ。
駄菓子屋のおばちゃんまで来るのが良き。

映画が楽しみ。

⚪鑑賞
群馬テレビで鑑賞