宮下玲衣

夢を与えるの宮下玲衣のレビュー・感想・評価

夢を与える(2015年製作のドラマ)
-
あけましておめでとうございます!
今年も拙い文章ですが、軽い気持ちで読んで頂ければ幸いです。🙏
2019年、最初に観終わった作品。

作品云々ではなく、単に小松菜奈さんのファンなので見始めた作品だったのですが、
空気感、話の進め方等がドンピシャに好みでした!
芸能界の裏側、、的なものが凄く表されていて、
自分はまだまだ卵なのでスターの世界は知らないものですが、怖さだったり、華やかさの裏にあるドロドロした部分だったり、
自分自身の好みの問題もありますが、
とっても見応えがありました。
小松菜奈さんは居るだけで意味があるというか、表情一つどこを切り取っても絵になって、こういった重い作品を危うく演じたと思えば、ナチュラルでピュアな演技もできる、素晴らしい方だなぁと尊敬しています。役を演じる時もブレずに小松菜奈という芯があって、どこか儚げな印象を受ける瞬間が私は大好きで、、
単純にファン目線で観てしまいますが、
とっても素敵な作品でした。