夢を与えるのネタバレ・内容・結末

「夢を与える」に投稿されたネタバレ・内容・結末

小松菜奈の魅力が暴走。夢中でした。原作も読んでみたい。
「夢を与えるとは?」

原作『夢を与える』綿矢りさ

フィクションとノンフィクションの間というか、鑑賞中に色々な人物や出来事が頭に浮かびました。

華やかな芸能界?
光と影(闇)、椅子取りゲーム

芸能プロダクション、CMクライアント、広告代理店、テレビ局
カメラに映らない視聴者が見れない部分

"そのうちユウが嫌だと言えばみんながそれに従うようになるから“

果たして、本気で夕子(小松菜奈)のことを考え、行動した人は何人いたのでしょうか。

ラインをこえてしまった死んだ目、独白

当時19歳でこの役を演じきった小松菜奈さんに感服。

脇のオタギリジョーと夏帆もさすがでしたね。

全4話でよかったです。
これ以上長かったら、もうテレビをそういう目だけでしか見れなくなっていたし、途中でリタイアしていたかもしれません。

どちらともとれるラストが何とも言えぬ後味を残します。

"スイッチひとつで消されてしまう“

"毎分毎秒、この数字がぐにゅぐにゅと動いている“

"たかが視聴率のために、なんなんだあんたたちは“
小松菜奈が撮影設定でいろんな格好してくれるので最高。なんでこんなに美しいのだろう。最後、あそこで生きてたから笑えるけど、死んでたら、って考えると、なんだかここ最近の芸能人の自殺を思い出しました
完璧です

まずキャストが完璧
地方で美しすぎて浮いてしまい、タレントママの菊池凛子
フランス人とのハーフで生まれた、子役から大ブレイクしたカリスマタレントに小松菜奈
夕ちゃんを子供の頃から見守るテレビ局のデザイナー、オダギリジョー
マスコミに夕ちゃんを売った、売れないダンサーに真剣佑
子役の夕ちゃんが、谷花音

最高すぎでしょ。
まず、菊池凛子と小松菜奈が熱い
カリスマ性がすごい

テレビに壊されていく小松菜奈が最高
菜奈様は、渇き。とかみたいに壊れていく役が1番怪演だと思う。
美しすぎるから説得力がある。
仕事をしてる夕ちゃんが美しすぎた。

あと最後壊れながら、
あれを汚らしいと思うなら人を愛する資格なんてないと思う
っていうシーンが鳥肌モノ
4話完結で慌ただしかったしもう少し回数増やして詳しくやって欲しかった感じもしたけど4話だから飽きずに最後まで観れたのかもしれない。納得いく最後ではなかったけど最後まで先が気になり楽しめた。
ななちゃんが天使だった

キラキラしてる世界の裏側の真っ暗でどろどろしてる世界の話で、実際もこんなんなのかな…ってちょっとしんどくなった。推したちがどうなんだろ、って思ってしまった〜😿

ふとした時の表情や、泣いてる顔が美しい小松菜奈様はやっぱりミューズ…すごく好きな役柄でした…
圧倒的美。小松菜奈の美しさがこれでもかと詰めてある。最後のCMのシーンはユウの思い描く幸せかな。
5年前に"ジョーカー"に匹敵するようなことをやっている。ラストで両親が正気を取り戻すのが救いだけど、、後味は、、
俳優が全員良すぎるしドロドロしててあっという間に観た。
コンテンポラリーダンスに使われそうな(知らんけど)不気味なbgmが歪み?違和感?あるシーンを際立たせてた。すっきり終わるのかと思いきやエンドレスで続いていくのか?!ていうモヤっとした終わり方。ストーリーとは裏腹の心地いいエンドロールも面白いナ!

小松菜奈はもちろんずっと見ていたいぐらいに美しい。うまく言えないけど少女感がたまらなく好き〜。
夏帆もまっけんも良き。正統派イケメンイメージしかなかったけどそんな表情出来るの〜🥺って初めて演技してる真剣佑さん観て落ちた。ぎょうざキスは必見です。
黄金期の小松菜奈、、
原作より救いがあって、エンタメ度が高い。
あんなオダギリジョーがいたら全5歳児が恋する。
>|