Mayo

アンビリーバブル たった1つの真実のMayoのレビュー・感想・評価

4.3
二人の女性刑事が連続レイプ犯を追う、というなんとも骨太なドラマ。

トニ・コレットって本当にいつもいい。あまり好きなタイプの女優さんではないはずなんだけどいつも惹かれる。
そしてバディ役のメリット・ウェヴァーも声が癒し系で静かに淡々と熱い感じがカッコ良かった。

レイプされたのに作り話だったことにされちゃって人生が狂っていくマリーは本当に見てられないくらいかわいそう。
マリーのために二人の刑事が立ち上がる!みたいな話かと思ってたので、早くマリーを見つけてあげて!ってやきもきした。
マリーを見る目には必ずその生い立ちが含まれてるはずで。色んなことを考えさせられた。
マリーの養母たちが聖人じゃないのもいい。レイプ犯罪の話だけど、必ずしも男性が悪、女性が善、というわけじゃなく描かれているポイントが彼女たちにあった。

じっくりジワジワと、心に響いてくる静かな刑事ドラマ。