タクちゃん

アンビリーバブル たった1つの真実のタクちゃんのレビュー・感想・評価

4.2
前半の人間の闇にストレスを感じながらも後半犯人に辿りつく過程は見応えあった。

犯人にフォーカスが当たる事はほとんど無く、女性刑事と被害者の世間との葛藤を描く感じで、
被害者なのにフルボッコにされる流れはとても考えさせられた

女性刑事二人の信頼も隠れたテーマになっているのかな、
最終話は安堵しながらなぜかほっこりムード

実話を元にした小説の映像化らしいけど、実際の事件の顛末が知りたい。