アンビリーバブル たった1つの真実のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 9ページ目

「アンビリーバブル たった1つの真実」に投稿された感想・評価

oyu

oyuの感想・評価

5.0
0
言葉にならん
「殺人や強盗はその被害を疑われることはないのに、なぜレイプは被害者が責められるのか」みたいなせりふがあった
信じられるひとも希望のある人生も根こそぎ奪われた彼女からの、デュバル刑事が受けた最後の電話が本当によかった
lenochi

lenochiの感想・評価

4.5
0
20/12/02
ミヅキ

ミヅキの感想・評価

4.5
0
まず1話目のセカンドレイプで絶望する。きっと本当にこんな感じなんだろうな、と思って、辛くて見てられない。

殺人や強盗で被害が疑われることはないのに、なぜレイプ被害者は嘘をついていると思われるのか?(痴漢も然り)
もし男性も女性と同じくらいレイプ被害の危険に晒される世界だったら、こんなに性的暴行に対する罪は軽いだろうか?

映画の尺では描ききれない、こういった内容のドラマを作ってくれるNetflixありがとう。これが実話から着想を得た内容だと知って驚いた。

日本の性的暴行に対する処罰は、アメリカと比にならないくらい軽い。レイプ被害者に対する偏見が強く、セカンドレイプって言葉もそこまで浸透してない。(伊藤詩織さんの事件をみても明らか)日本でドラマと同じような事件が起きてしまったとき、きっと悲惨で救われない結末になるんだろうなと思った。少なくとも今後は変わってほしい。希望を持たせてくれよ。
chan

chanの感想・評価

4.1
0

このレビューはネタバレを含みます

誰かの個人的な欲望やいやらしい嗜好のために、たった一夜にして、数時間か数分かもしれない、それまで築き上げてきたもの全部なにもかもが簡単に崩れ落ちてしまう。傷は一生消えない。こわすぎると思った。他人事には思えなかった。自分だったらどうする、どうなるかなんて想像したくもない。

一方でわたしがマリーの友達だったなら、同じように彼女を嘘つきだと遠ざけてしまったかもしれない。うわべだけしか見ていなければ、見ようとしなければ、きっとそうなる。さらには裏切られた、なんて思ってしまうかもしれない。

捕まってもなお何を考えているかわからない、しれっとしていて後悔の念など微塵も感じられない犯人を見つめる。憎くて仕方ないはずなのに、なんだか寂しかった。それは虚無だったのかな

たとえ氷山の一角に過ぎなくても、どんなに微力だとしても
一生の傷を負い、また負うかもしれない彼女たち私たちのために全力でたたかい、心に寄り添うことのできる2人の女性刑事は、本当にカッコ良いしあるべき姿だった。彼女らの行動に被害者たちはどれだけ救われたか、傷は無くならないけれど、恐怖と隣り合わせの毎日から少しだけ、自分を取り戻せるかもしれない。そんな希望が感じられた。

市民を守るべき存在が、身近な存在を傷つけながら平気で職務にあたっていることも、それを知りながら黙認していることも、本当に滅茶苦茶で、そんなんだから誰のことも信じたり頼られなくなるのは当然だよ。。デュバルやラスムッセンのような人達が当たり前であるべきなのに。

さあ、考えるべきことがありすぎる。
Miri

Miriの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

すごく辛い内容だけど、素晴らしい作品だった。性犯罪への根本的な無知、偏見、差別に対しての問題提起がされていて、明らかに加害者が悪いのに被害者が悪者になる社会の現実を描いている。
2008年のレイプ被害が虚偽だと警察から訴えられてしまうマリーと2011年の連続レイプ犯を追うカレンとグレースの2つの時間軸で描かれている。その中でもマリーのパートは辛すぎる。1話目は見るのにしんどすぎて3日かけてしまった。2話のカレンの対応が被害者に寄り添っていて(これが当たり前のはずだが…)1話との差で涙が出てきた。
物語の丁寧な描き方、役者の演技に脱帽。

このドラマの良かったところはレイプ被害者の女性が、若い痩せた白人女性だけではなくて、人種も体型も年齢も様々で、誰しもが被害に遭う可能性があることを暗に示している。
また仕事のやりかたを勉強できた。情報の集めかた、チーム統率力、後輩の成長の機会、家族を大切にする。
すごい濃厚な8時間だった。
くそ!犯人!きも!
oet

oetの感想・評価

4.1
0
描写が丁寧で好感。
tksh0921

tksh0921の感想・評価

4.1
0
一見地味だけどちゃんとハイクオリティ
keis1978

keis1978の感想・評価

3.4
0
備忘録
ザ

ザの感想・評価

3.9
0
やっと見終わった!
最悪な現実でも最後に正義が下ったのは救いだと思える。性犯罪者側が守られる国に生きている身としては。