saki

椿の花咲く頃のsakiのネタバレレビュー・内容・結末

椿の花咲く頃(2019年製作のドラマ)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

見たら韓国で 人生ドラマ と呼ばれて最終回視聴率23.8%を記録した理由がわかります。

ヒューマン、ロマンス、サスペンス、コメディーが全て入ってるストーリー。

一話から綺麗な映像(さすがネトフリ製作)とどこか懐かしい田舎町の雰囲気に惹き込んでくれる。サスペンス要素がちょこちょこ入ってきてくれるおかげで韓国ドラマならではの長さにも退屈しません。

登場人物もみんな人間味があっていい。脇役まで全員愛せることはなかなかないと思います。

そして最終回まで見ると、脚本家が一貫して伝えたいメッセージがあったからこそ一つ一つの台詞がいきてきてたんだと分かる。
伏線を綺麗に回収した後の最終回の演出…!

タイトルロゴが
ここからは あなたの花が咲く頃
に変わったところから、ドラマに関わった方々の映像が流れて

この世で 最も強くて
もっともタフで
誰よりも素晴らしくて
誰よりも立派な
人生の数多くの苦難を乗り越えて
毎日奇跡を起こしている
すばらしいあなたを応援します。

という脚本家のメッセージ…
熱烈なレビュー書いてる方の読んだらみんな拍手したと書いてたけど私も思わず拍手しちゃいました

韓国の文化にハマって個人的に感じていることの一つに、韓国の方って 自己肯定感を高めること をすごく大事に考えてるなぁと思っています。
世間と国民性が すごく人と比べがちな部分が元々あったのかな?

自分が自分を愛することの必要性を感じている人が多いし、身近な人や大切な人がそんな風に思えるような言葉をかけるような姿が多くて、素敵だなぁと思っています。
だからこそこの作品がヒットしたのかなとも。

韓国にまったく興味のない友達に紹介してもどハマリしていたので、誰にでもおすすめできる作品です。