jnk

椿の花咲く頃のjnkのレビュー・感想・評価

椿の花咲く頃(2019年製作のドラマ)
5.0
切っても切れない縁や、人はこういう繋がりがあって当然という価値観がなんとなく共有されてしまってる世の中に「ふざけるな」と思うことも多いし、映像作品においては「こういう価値観は素晴らしい」というのが前提として恋愛や結婚、家族ドラマや友情というものが描かれることに違和感を覚えることもある。
だから何故そういうことが素晴らしくて美しいことなのかというのを丁寧に描いてるものが好み。
この作品は恋愛模様と連続殺人犯の事件解決というのを軸に進み、それはもちろんじれったい恋の行き先をサスペンスで引っ張る効果もあるのだけど、それ以上に同じ世界にある基本的には価値観を発端とした明暗を上手く表してもいる。
一見わかりやすい個性を託したキャラクターも、比較的単純な悪者にされそうな人にも少なからず共感するところがあり、社会や人間関係のめんどくささも良く出ていた。
しかしまあ主演二人の演技は特に素晴らしい。
快演と繊細の二人という感じで恋愛におけるターニングポイントごとにまあ盛り上がる。
韓国ドラマはベタと揶揄されることも多いけど、ありふれてるということはパーフェクトな演出で見せきれば誰にでも刺さるものになるわけで、変にかっこつけただけのものでは到達できない境地を見た。