まろーん

椿の花咲く頃のまろーんのネタバレレビュー・内容・結末

椿の花咲く頃(2019年製作のドラマ)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

シングルマザーのドンベクは7歳の頃母親に捨てられ、心に深い傷を負い、別れた彼氏の子供を持ちながらもスナックを経営する。ある日、事件に巻き込まれたドンベクは犯人のターゲットとなってしまう。客観的に見るととても不幸そうなドンベクだがら、街の警察官ヨンシクと出会い、より強い女性に成長していく。皆んながドンベクを不幸という中、彼女は不幸ではなく、幸せなんだということを貫いていくのだ。彼女を取り巻く息子、元彼、今彼、彼女を捨てた母親、そして彼女を狙う犯人との関係性には目が離せない。このドラマは主に母と子供の家族物語が中心となっていて、見た後には心が何故か温まっている不思議な物語だった。ぜひ大切な人と観ていただきたいドラマだ。