b

本気のしるしのbのレビュー・感想・評価

本気のしるし(2019年製作のドラマ)
4.0
一人の”赤信号”な女性にフォーカスするだけでここまでサスペンスフルな物語になるというのが題材としての勝利を感じるし、深田監督の演出も冴え渡っているのでしょう(原作読んでませんが)。踏切を中心とした円環構造とか手堅く巧い。
浮世は絶妙に男を振り回すツボを押さえている。こんな破滅的な女に一度くらいメチャクチャにされたいという気になる変態がいてもおかしくない。
浮世に苛立ち、哀れみ、共感し、また苛立つ。彼女の人生が幸福になることを望みつつ周囲の男は大変だなぁと思う。辻はよく頑張った…。哀しい話ですが最終話後半の展開はホラーにも見えてしまいます。

監督が言うには「男社会に消費される女性の生きづらさや哀しさ」がテーマらしいですが、そういう話としても確かに見れるけど、自分はそうは受け取れなかった。彼女の問題は男社会よりもパーソナルな要因が起因しているとしか思えない(敢えて詳しくは書かないが)。
あと、尺はもうちょい欲しかった。そこは勿体無い。