チャッキー

本気のしるしのチャッキーのレビュー・感想・評価

本気のしるし(2019年製作のドラマ)
4.6
日本映画界最高の監督の一人である深田晃司さんが連ドラをやると聞いたときは素直に楽しみでしたね。
そして全く先の読めない展開と登場人物に感情移入できない不気味感はまさに深田晃司さんの作品だなぁと。
主演の森崎ウィンと土村芳は素晴らしかったですし、森崎ウィンは彼のベストアクトだと思います。

土村芳演じる浮世はずっとイライラするキャラでほんと何考えてるか分かんないし、森崎ウィン演じる辻も最初は行動とかイライラするんだけど、最終回観終わったら、結局辻の気持ちが少し分かる自分がいた。
浮世の言動や行動は普通は理解できないし、関わりたくないと思うけど、どこかほっておけない感じってあるんだよね。

好きってそういうことなんだと思う。