キューピー

レディ・ジョーカーのキューピーのレビュー・感想・評価

レディ・ジョーカー(2013年製作のドラマ)
5.0
紛れもなく、社会派ドラマとして名作です。

昨今ありきたりな、何に対しても白黒付けたり、スッキリとしない部分を出来るだけ描写せず後味が良い結果をよしとする方には納得いかない作品でしょう。
この作品の見所は、先ずは俳優のスキルの高さでしょう。それぞれの役どころに違和感無く引き込まれるような演技力には安心感があり、気付くと熱中してしまいます。
次に、なんといってもリアルな点です。人間の葛藤、組織の有り様、あらゆる上下関係が産み出す劣等感や渇望。この日本という国家で膿み出た事件を題材にした、影の縮図とも取れる物語。悪が必ず裁かれる訳でもなく、信念が成就しないことのほうが多く、いたたまれなくなることもある。だがそこにリアリズムの醍醐味があるものと伝えたい。

最後のもう一度、この作品は名作です。