ディア・マイ・フレンズのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「ディア・マイ・フレンズ」に投稿された感想・評価

miswater

miswaterの感想・評価

3.9
0
あまりにリアルで痛々しい現実を突きつけてくるドラマなので好き嫌いはあると思いますが、秀逸です。
年配者のリアルな現実、そして子供たちは親のことは愛してるけど、日々の忙しさや自分のことに精一杯で、親のことを第一に考えられず、そこに罪悪感を抱く…
なかなか痛いところをついてくるなぁ。
ワンと母の関係性も、なかなか簡単には語れない感じがうまく表現されてました。
ベテラン俳優さんたちの演技に引き込まれるし、年配者たちのお互いを思いやる姿に涙🥲
エンディングのみんなの楽しげな姿はじわじわと効いてきて、うるうるします。
ヨンハとワンのラブストーリー部分は一種の癒しでした。
Kaho

Kahoの感想・評価

-
0
家父長制🖕🏻なシスターフッドドラマ

家父長制は結局男も女も苦しめると言う揺るがないメッセージ

離婚じゃなくて解放よ、自由!

色んな家父長制を軸にした社会問題が組み込まれてて今年の逃げ恥を思い出した

登場人物1人1人に対してコメントしたいくらい良かった

けどこれは国柄なのか、近過ぎる?親子関係には少し驚いた
ワンとミノの親子が特に
ほっぺにキスはまだ分かるけど(自分はしないが)添い寝とか狭いベッドで一緒に寝たりデートしたり自分の親との距離感と全然違って驚いた
きなこ

きなこの感想・評価

4.0
0
こんなに自分をさらけ出せる友達が身近にいる事だけで宝。その上お互いを思いやる気持ちに嘘がない。自分に置き換えた時誰もまわりにいなくてww現実は厳しいな。友達だけじゃなく親子のあり方人生の向き合い方も人それぞれ。多くの事を考えさせられたドラマ♡観てよかった
『テルマ&ルイーズ』で始まり『テルマ&ルイーズ』で終わるフェミドラマ。

平均年齢70歳の俳優たちの
夫からのDV、妻を家政婦扱いする男たち、結婚生活を“我慢”だと子どもの口を塞ぐ親、説教したがる男、教えたがる男、娘のレイプを無視した親、暴力でしか解決できない男、一人暮らしの老人の認知症、老老介護、親の介護…
彼らが実際に歩んできた歴史とその解放。

「できた!」に辿り着くには、周りの協力が絶対的に必要なのも、何度も描かれてた。

娘の結婚問題の『片付く』という言葉の破壊力。
(実際は『終わる』という言葉を使ってたので、翻訳がナイス!)
母親に言われた経験ある人多いんじゃないかな。ゴミ扱い…

「耐え忍んだ結果が このザマ 至純思考 良妻賢母 孝行娘 強い母 演じた挙句…」

良いセリフいっぱいだったな。
傑作じゃん!!!

この作家さん『ライブ』もそうだったけど、セリフや一人一人の行動が繊細で、本当好き。
男性作家だと観終わってから知って、ビックリした。
男性か女性か分からないくらい『家父長制』へのアンチ、その回答も毎回素晴らしい。
めっちゃ本も読んでるんだろうな…

OSTも良いし。スロベニアは綺麗だし。
あぁ…スタジオドラゴンか…
ずっと観たかったので、観れて良かった!
tvNだから、Netflixで配信してくれたら良いのに。
nana

nanaの感想・評価

3.5
0
老人の恋や生活にスポットがある新しい形のドラマで新鮮だった!みんな見たことのある大御所俳優さんたちで見応えも抜群。面白かった。
て

ての感想・評価

4.5
0
"새처럼 훨훨 날아서 죽더라도 길 위에서 죽을 거야."

"그거 나 영정사진으로 쓸거다아!"

"나는 이혼한 게 아니라 해방된거야."
ヒジャの演技に吸い込まれ、可愛らしい、そして心配
さすがベテラン俳優達、それぞれのキャラが際立っていた
友達って最高🌟
ねぎ

ねぎの感想・評価

4.3
0
俳優たちがほんとに素晴らしくて、ひとりひとりの役の魂が入り込んでいるので観てる方も共感の嵐。
「ライブ」「大丈夫、愛だ」の脚本家ということもあって、メッセージが込められた素晴らしい作品だった。

前半はシニアの日常コメディ風に描きつつ、回を重ねるごとに俳優たちの細かな所作や眼差しが多くを語り、後半は毎回泣く。

シニア群像劇に飽きないように散りばめられたダニエルヘニーとチョインソンも良かった…!
コンヒョンジョンがなんだかんだで演技がめちゃくちゃ上手いので引き込まれていき、母娘の執着、チョインソンとの恋愛、どれもぐっと来た。

「病室で死を待つのではなく、死ぬ時は路上で…」は素敵だなと思った🕊

2021.8 あんまり良すぎて2周めしたらまた号泣だった…
えぬ

えぬの感想・評価

-
0
(何話か見るとぐったりして、その都度リタイヤしてしまう。名作と聞くし絶対好きなタイプのドラマだと思うのに、再トライするたび、数話見て疲れて止まってしまう。お年寄りたちの容赦ないアレコレがパワフルすぎるのか・・・?もう少し後になった方が楽しく見れそうなので、寝かしておこう、と思いながらもう何年も経ってしまった。)
ビオラ

ビオラの感想・評価

4.0
0
70代俳優が中心の作品。面白かった。
「まぶしくて」でキム・ヘジャの演技に魅せられた。

ここでも彼女の魂のこもった演技が光る。
14話で認知症になり徘徊する彼女が、子供を亡くした時の怒りや哀しみを吐露する場面、ここは涙を禁じ得なかった。
裕福で天然なヒジャに隠されていた心の檻がぶちまけられ明らかになった瞬間、周囲の友人たちもまた色んなことに苦しんでいたのだったことがわかる。

ナンヒ親子の異常な密着度と喧嘩の激しさは、苦手だったが、この親子の関係性から、その依存度が普通ではなかったのだろうか。それとも韓国の親子は髪を引っ張り合いして喧嘩するの?だったら引く。

唯一、この輪に入らないが時々出てくるギジャの、口を開けば愚痴と避難を叫んでいるだけのセリフも嫌悪感。もしこんな友達がいたら、絶対呼ばないよ、と思う。

初めはスロースタートで少々退屈かと思ったけど、どんどん引き込まれていった。それぞれのキャラがどれも愛すべき存在になった。

ファッションもそれぞれの個性を表していて楽しい。裕福な奥様のヘジャはいつも高価そうな物、バリバリ店を回すナンヒはカジュアルなスタイル、独身でカフェを営むチュンナムさんのナチュラルで少し少女っぽいスタイル、一番好き。70代で違和感ないんだ。これ、ありだなぁ。

チュンナム演じる俳優さん、この前見た、「チャンシルさんには福が多いね」で、大家さんを演じてた人だ。全くイメージが違うけど、どっちも勉強してる。感じのいい俳優さんで好きになった。

ヒジャはまもなく友だちも分からなくなるだろう。ナンヒは再発するかもしれない。ジョンアンさん夫妻はたぶんすぐにまた喧嘩を始めるだろう。でも、この時間が心に刻まれて、それは永遠に幸せな時間になるに違いない。

あなたにおすすめの記事