金春ハリネズミ

このサイテーな世界の終わり シーズン1の金春ハリネズミのレビュー・感想・評価

4.7
Fuckin awesome.

この作品から、ちょっと細かく評論をとってみようかな。と思います。
The end of the fucking world
2017年

「このサイテーな世界の終わり」
これはセンスないですね。
この邦題は無いわ。まんますぎるし英訳ってバレバレな感じが臭いダサい。間違いない。
しっかりとしたK.U.F.Uに勤しんで欲しかったですね。

さて、内容ですが。
文句なしに面白いでしょうな。
まず、作品全体のタイトな姿勢にぼかぁ関心しましたな。
観やすい。こんなに観やすいドラマシリーズ始めて。
(プリズンブレイクぐらいしか観たことないけどね✨)
とりあえずシーズン1。ということですけど、平均とっても一話あたり16分くらいですか??
素敵だと思います。その辺の低予算アニメよりも尺が短い。

これはテレビというメディアを使わないからこそ叶えられた結果でしょうな。

なにがこの作品すげぇかって、このクソ短い時間の中でクソかっこいいシーンと、クソかっこいい音楽と、クソかっこいいストーリーが展開されるから。
とある天才ドラマに必要なものをピンセットでつまんでいって並べたような作品。
不要なものは使いません。
どこかのファストフード店の声明のような声が聞こえてくるぐらい、作品に必要な最低限の要素だけで密度を稼ぐといった努力・手間がすごく垣間見えました。