ユキ

このサイテーな世界の終わり シーズン1のユキのネタバレレビュー・内容・結末

1.0

このレビューはネタバレを含みます

久々に見つけた否定したい作品だったので、敢えてレビューします。

不遇な高校生男女が現状を脱するべく家出、他人の住居侵入、殺人、万引き、車の盗難とやりたい放題に猛進する様をコミカルに映しているが、どれもこれも動機が単純で自分勝手過ぎる、胸糞が悪かった。
これは私利私欲のまま犯罪を重ね正当化する馬鹿な若者だ。まさか、沸点に至るまでの葛藤やティーンの繊細さなぞ何も伝わらん。描写が足りない。

とくにこの男女の関係性、女の子の性格はかなり気が強く自己中心的で、男の子に対しての言動はDVだ。これが男女逆転していたらどうだった?加害者が女性なら不安も薄く、なんならスッキリするのか?
さらに、脈絡なくLGBTの話題が随所に出てくる。同性の恋人達を登場させれば、あらゆる層の支持を獲得できると思ったか?媚びが開け透けだ。

この話の流れ自体、人を殺すか物を盗むか逃げるか、いずれかで展開していくだけなのに、ダラダラと似た映像を切り貼りして中弛みする場面が多々ある。映像作家の力不足か?それが狙いや、ジャンルだと言うならもう知らん。