このサイテーな世界の終わり シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「このサイテーな世界の終わり シーズン1」に投稿された感想・評価

KATO

KATOの感想・評価

3.5
0
タイトルだけ観てて、「エモがつまってそうだな!」とマイリストに入れていたのを、ようやく閉塞感あふれるGW中に完走。サッと見て、サッと殺して、このサイテーな世界を終わらしてやりました。

スタートから演出が好き!!! ってなったんだけど、なぜにこうもイギリスの漫画原作ってこうもオシャレ小物×ちょっと薄暗い雰囲気×勢いでいっちゃうぜ!感にあふれてるんだろう。といっても、イギリスのコミック原作の作品は1つくらいしか思い浮かんでないのだが。

シーズン1では、「このサイテーな世界」は終わってない(よね?)。シーズン2まで見終えて、ぶっ飛ばしたよな!という感慨にふけっている。

サイコパスだといいながらも全然そんな感じしないジェームズと、マジもんのぶっ飛びガールアリッサが主人公。アリッサがあまりにもヤバすぎて、ジェームズなんて普通の子だよ!! と思っていたのだが、冒頭で殺した小動物の数を言っていたから、たぶんサイコパスに憧れたプチやばボーイくらいだと思っている。

思春期の閉塞感と絶望感って本当にヤバいと思う。話が急に変わったな? と思われているかもしれないけれど、そんなことはなく。思春期≪卒業見込み≫な私ですら、月に3回くらいは世界ぶっ飛ばねーかな~と泣いたり呟いたりしているので、特にガチ思春期でコロナ禍で勉強したりといった日常を送っている子たちの閉塞感って想像を超えるんだろうなと思う。

家族とほぼずっと一緒に過ごす思春期って考えられる? どんなに家族仲良くても、結構苦しくない?

ジェームズのお家は一般的にはとてもいいお家だと思うけど、母親は目の前で自殺している。アリッサの家は、火を見るよりも明らかな感じで毒親。ぶっ飛びガールにもぶっ飛びガールになる所以があるわけだ。
そんな直接的に愛に触れたことがない二人が、いびつに始まった関係のなかでぶつかりながら、人を殺したりしながら丸くなっていくのである。

シーズン1を観ていて思ったのは、「親って当たり前に完璧じゃないよな」ということ。親というだけで幻想を抱き過ぎだし、もっとフラットに見ていけるようになるといいよね。わかっているけれど、妄信しちゃうんだよなぁ。だから、勝手に私たちは絶望しちゃう。
私はいたずらに年を重ねただけでまだ子どもがいないから、どうしてもジェームズとアリッサ目線で「おいおい、そりゃあねーだろ」なんて思っちゃうし。それでも、「それはやめときなよ……」なんて近所のオバサンになったりもしながら観ていたりもしたが、なんだかんだ憎めないんだよな。

ささくれだちまくっている思春期がちょっとだけ愛おしくなるような、理不尽な大人に一緒に声を上げたくなるような、なんだか“近くにいてくれる”感じのするドラマだった。
なちゃん

なちゃんの感想・評価

4.5
0
だんだんハマってくる
sillna

sillnaの感想・評価

4.5
0
何もかも捨てられるかも
ターク

タークの感想・評価

5.0
0
記録用
赤目直樹

赤目直樹の感想・評価

5.0
0
だ!い!す!き!すぎる!すべてが好き
S

Sの感想・評価

5.0
0
ちょっともう温度感が最高なんですが!
冷めてんなあ〜!達観してんなあ〜!

自分は周りとは考え方が違ってて
周りよりも大人びてるって思いたくて
冷めてる自分がちょっとかっこいいとか思っちゃうお年頃、不器用!!!!!

分っかるなあ〜〜!
そういう自分に酔って、私は私だからって言い聞かせるちょっと痛い時期(笑)
こうやって分かった風に書いてる自分も
まだまだこういう気質から抜け出せてないから痛い所を突かれてる気分なんだ!!!
大人になるって難しい!(笑)

だからもう!
ジェームズとアリッサが可愛くて可愛くてしょうがない!!!
特に心の中の声!2人とも!
周りとはちょっと違ってる感じがあって
自分の気持ちを理解してくれそうな人に出会えたらそりゃあ、好きになっちゃうよ〜〜

今season2の途中まで見たけど
早速の新しい展開でもう面白い!期待しちゃう!
ジェームズもアリッサも大好きだよ〜😭
ma

maの感想・評価

5.0
0
可愛いーーーーーーー

ハラハラドキドキ

やばい奴とやばい奴だけど
どんどん2人のこと好きになっていく!!!
neko

nekoの感想・評価

4.4
0
だいすきーーーー!一気見しちゃった!
アリッサ大好きだし
クソーーーって叫びたくなった!
キツめなのがいいよね

このレビューはネタバレを含みます

予告見て雰囲気好きだったからすぐに見た。

一本一本が短めので、内容もサクサク進むから見やすい。
青年期特有の複雑な感情がすごくリアルに表現されている作品だと思った。

自らをサイコパスと言い、殺人を夢見てた少年も実際に人を殺してしまった時に、想像と違うと、戸惑いを見せるところがなんだか人間らしくて好き。感情が芽生えていくにつれて自分は本物のサイコパスじゃなかったと小さく気づくシーンも。
すきすぎて3周した。