たけしま

このサイテーな世界の終わり シーズン2のたけしまのネタバレレビュー・内容・結末

4.9

このレビューはネタバレを含みます

まず、シーズン1の終わりが完璧すぎた。シーズン1が5.0だとするとシーズン2は4.9。
シーズン2ももちろん楽しみで仕方なかったけど、もうシーズン1しか知らない自分には戻れないのは少し残念。それくらいシーズン1のラストは素晴らしかった。

でも、やっぱり「生きる」ことにフォーカスしたシーズン2はとても自然だった。ジェームズは親を亡くし、アリッサは自分の過去と向き合い、2人はボニーの自殺を止めた。ジェームズはお父さんとの関係を改善させ、そして亡くし、依存して克服した。そしてアリッサとお母さんをまた重ねていた。ジェームズは怪我のこともあって生きていて辛かっただろうけど、やっぱり生きていることの大切さを彼は知っている。だから、ジェームズが生きていて良かった。
アリッサは直接人を殺したわけではないけど、もしかしたらジェームズよりも罪を背負っていて、それが印象的。シーズン2の第1話にほぼ2人が出てこないのはびっくりしたけど、殺された男にも人間関係があったこと、そしてその男に依存していた女の子、今度はその子の逃走劇、、やっぱりこのドラマの展開はすごい。前シーズンほどの勢いはないものの、より何かに向き合おうとする人たちの様子を静かに見守る感じだった。シーズン3もあるといいな。そのときはフロドを…!

個人的にblurのグレアムがサントラを担当している点でこのドラマをより好きになったけど、近々サントラが出るらしい。しかもShe knowsという先行トラックが出ている。アートワークも素晴らしいので、是非。