けい

このサイテーな世界の終わり シーズン2のけいのネタバレレビュー・内容・結末

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2人の起こした事件が、時を経てバタフライエフェクトのように様々な事を引き起こす。
少年はサイコパス的な雰囲気はなく、大人しい口下手な少年に。少女はサイテーな世界で不器用なりに新しく前に進もうとしていた。教授の事が好きだった女性が2人に復讐しようと近づき、2人も再開する。3人で奇妙な共同生活が始まる。
お互いが思っていることのすれ違い(上手く言葉にできない。強がったり。)もありながら距離が縮まっていく。
彼女は意図せずモーテルの主人を殺害してしまう。ボニーが2人わ殺害しようとカフェに訪れた時、3人がリンクする。
少女は過去を断ち切るために、教授を殺害した場所へ1人で戻る。少年も後を追う。「不安は徐々に大きくなる」少女が前に言ったセリフと重なる。

サイテーな世界を生き続けなければいけない。2人はパートナーとして生き続ける。これがサイテーな世界の終わりなのか。色んな形の愛。サイテーな世界だからこその愛。