i

宇宙戦争のiのレビュー・感想・評価

宇宙戦争(2019年製作のドラマ)
1.0
若い女性エイミーと駆け落ちした中年主人公。
政略結婚とはいえ妻がいる身。
責任感のない行動に周囲はやんわり距離を取っており、仕事もうまくいきません。
そんな失意のふたりは謎の飛来物を発見。
そして人類は人知の及ばない突然の殺戮&侵略に遭遇。
ふたりも命の危機に。
エイミーはなんとか不仲の義兄の元へたどり着きますが、逸れた状況を誇張を交え説明し、圧倒的私悪くない!な態度で、義兄を責めます。
弟を心配する義兄に怒鳴り散らしたり、正論で返されれば「お腹に彼の子がいる」と同情を引くし、気にかけてくれても「私が悪いって言うの!」な勢いで更に怒鳴るので、観ていてきついです。
また物資が常に不足する避難コロニーでは食料を盗み食い+盗もうとしたり…家のためもあるとはいえ、彼女を気遣いつつ一番に避難させる義兄とまたもや即座に人を見捨てるエイミー…。
義兄は彼女が見捨てた上司を助けてあげたり、途中で出会う老婦人にも紳士的なので、お家優先精神はいただけませんが、まともな登場人物にみえました。
主人公は途中からナチュラルにエイミーを妻って呼ぶんじゃないよ…ちゃうやろ…奥さんおるやん…もしかして、言葉通り死んでるだろうからいいって解釈なのか?ともやもや。
正直、あれだけ的確に本質を見抜ける才女と主人公は釣り合わないし、馬もあわないだろうな…エイミーも結局は妻の言葉通りの行動をします。
本人は赤ちゃんがお腹にいたからだと言うけれど、多分いなくてもそうする人物に描かれてしまっている気がします。
後半で「私が奥さんを不幸にした。殺したの」と泣くなら、その口で主人公をナチュラルに夫呼びすなって感じだし、周囲への悪態もやな感じ。
人を不幸にしてまでも我欲を通す人間としか描かれてません。
彼女の描き方があんまりなので、せめて夫婦か、もしくは禁断の愛的なカルタシスが必要なら身分違いの恋人とかにしてもらえたら、もう少し心健やかに観れたんだけど…とまで考えて、風刺は登場人物を魅力的に描く必要なんてないんだと気づきました。