純米大吟醸銀盤

モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~の純米大吟醸銀盤のレビュー・感想・評価

-
第三話のアンハサウェイの話が最高すぎる。

鬱とか躁鬱とか、そうでなくても、自分の気分のコントロールが苦手な人は見たら共感でしかない。はず。

気分がいい日は自分が主演のドラマのオープニングを演じているような。町中に音楽が流れていてそれが全て自分に注がれて全てのものわたしを迎合してくれているかのようだ。
と、思っていた矢先に、ルンルンでメイクをしていたはずなのに、マスカラをまつげに塗る2センチ手前で雲がかかる。
あの瞬間がとても現実的だった。ただ眠るしかない。
30分で救われる物語。