ののすけ

雲が描いた月明かりのののすけのネタバレレビュー・内容・結末

雲が描いた月明かり(2016年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかくボゴミが美しい。
ラオン役のキム・ユジョンちゃんは、子役のイメージが抜けないのと童顔とがあいまって、ちょーっと感情移入しにくかった…。
けれど、映像も音楽も綺麗で、話もきれいにまとまっていて、一気に観られた。
史実のイ・ヨンは世子のまま早逝されたようだが、このお話の中では王様になれてほっとした。