にゃん

僕はどこからのにゃんのネタバレレビュー・内容・結末

僕はどこから(2020年製作のドラマ)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

書いた文字列を書き写すことで、その人の深層心理まで読み取れる能力を持っている竹内薫(中島裕翔)。
この設定が、後に警察に事情聴取されるシーンでも生きてきて面白かった。

自分を否定し続けてきた母を殺した井上の気持ちは理解出来たし、大学受験まで替玉受験させて井上を肯定しなかった母だが、母も不安でこのような行動に出てしまったことも分かる。

山田龍一(高橋努)の怪しさが良かった。
裏で企んでいる感じ、そして最後弟のような駿の亡骸を前に空っぽになってしまった表情も良かった。

最後腹部を暴走する駿に打たれた藤原智美(間宮祥太郎)が逃げた先で死んでしまうかと思ったが生きていたのは嬉しかったし、藤原が妹にも薫にも姿を見せずにヤクザやってる感じに愛を感じて泣いた。
キーパーソンだった井上玲が藤原からの届け物を薫に渡してきたシーンで井上もヤクザになっていたのを知って驚いた。

薫はなかなか自分の頭で小説を書けなかったが、この事件をきっかけに「僕はどこから」というタイトルで自分をモデルに本を書く。その原稿が売れることを私は願った。