ダーク シーズン3のネタバレ・内容・結末 - 4ページ目

「ダーク シーズン3」に投稿されたネタバレ・内容・結末

なるほどねー
シュレディンガー的なやつねって思ってたら、しっかりそれで説明してくれたわ笑
けど、あの簡単な説明で知らない人は理解できるのだろうか…

脚本書いた人はすごいと思うが、結局6話くらいで見ながらではついて行けなくなり、あとからネタバレを見ながら納得していった

その結果感情移入が出来なくなり、なんか最後もいまいち感動出来なかった

ちなみにまだ二つの世界のでき方に納得いっていない
それぞれのループ世界は、タンハウス件で、過去から未来まで一気に作られたってことでいいんだよね?二つのルートが作られたって解釈だと、始まりがあることになってしまうから違うんだよね?
何が言いたいかというと、エリザベートかシャルロッテの母であり娘ってのが、どうしたらそうなるのかよく分からない

なんか批判っぽくなったけど、全体的には面白かったと思う
コインが受け継がれていく流れとかね
過去や未来の自分とは関わってはいけないというお馴染みの掟を気持ちいいくらいにやぶりまくっていったらこうなりました、って実にヨーロッパらしいドラマ。
洞窟が出てきてタイムトラベル、異世界ものといえば海外ドラマファンはまず「LOST」が浮かびますね。風呂敷を広げに広げ畳むのが面倒なんだけどどうにか力技で終幕、過程は面白かったしいいよね?という歴史に残るSFドラマです(嫌味ではないですよLOSTは良いです)
何回繰り返しても結ばれない二人いえばバタフライエフェクトです。ここらへんをリスペクトしてる感じはとても良かった。
ダークは内容もよく練られてているし伏線も丁寧に回収してたので大変良かったと思うのです。
ただ異世界の切っ掛けたる大本の原因がちょっと弱かった。原発やら失踪事件やらダークマターを出してきた割にそっちの親子喧嘩が発端なの!と。

子どもたちが辛すぎないか・・とくに主人公カップル、ヨナスとマルタが健気なのでこんなのよけい辛いじゃん。
おかげさまで母親(だった)人が同じ名前をつけようとするシーンとか、まったくもってしらけちまうぜ!
子供が成長したらそのうち浮気するんだろ・・・とつい疑いの目で見てしまうw俳優さんが上手なせいもありますね。
でもパルファムのときも思ったけどヨーロッパこういうの好きだよね、さすがに何回も見ると食傷気味にならないのだろうか。

「私を離さないで」の雰囲気とも似てます。
ただ二人は人であって原発ではないし。
もう大人は全部滅んで君たちだけ生き残ればいいじゃない!と考え始める始末。ラピュタかな。

余談なのですがこのドラマはとても人気だったそうなので同じ頃に作られたテネットのノーラン監督もやっぱり影響受けたりしたのかなと考えています。
マルタがネックレスにしてたコインとニールくんの五円玉は使い方が似てますよね。
だとするとテネットのエンディングのが良いよなぁ、、と私が見た時期が重なったせいもありちょっと比べてしまいました。バタフライエフェクトの終わり方もとても切ないし泣けますけどなかなかそのまま真似はできないもんね。
けどこれからのドラマや映画にいろいろ影響を与えそうな良作だと思います。
シーズン2、シーズン3序盤で
本当に着地するのか??ってくらいに
あらゆる年代にあらゆる登場人物がトリップしそれぞれが
一生懸命ループを止めようとする

それを
3つ目の世界が存在し
今までの2つの世界は
ズレから生まれた世界でした〜
とあっという間に全て回収

んーん、オチまでが長すぎる
シーズン3でとうとう理解が追いつかなくなった~。
そして段々興味も薄れていった。
平行世界とかやられだすと流石にダレてくる。
しかし最後でちゃんと話畳んだのは偉い!
このドラマ演出が厨ニっぽいところも含めて今まで見たことない感覚で良かった。
難解で画期的な思考パズルドラマもオチだけは斬新なワケではなかったですねえ。駆け足感、後出し感を感じなくもない。
ただ、ダークでカタストロフなエヴァンゲリオン的な最終回よりも、スッキリ明解な完結を用意してくれてダンケシェーンです。
マニアを生み出すタイプの作品だけど、深読みしなくても面白いし、ある程度理解はできるのがやっぱり画期的だなあ。
時間や次元を扱った多くの作品がフリになってるかのような、進化系SFの代表作であるのは間違いなし。

伏線回収ドラマでもあったワケですが、散りばめられたあまりにも多くの伏線は一回見ただけじゃ分かりっこないや(投げっぱなしも多い)

理解度が深まった状態で二回目を観ればさらに楽しめるのは間違いないけど、すぐに観ないと忘れちゃいそうだなあ。

この手の選択式ADVゲームも大概時間泥棒なわけだから、もう一周してみるのも悪くない。
シーズン1からほぼ一気見。
頭おかしくなるくらい難しいので、ネットにある相関図を見ながら鑑賞。
(あげてくれた人に感謝)
シーズン3から別世界も登場し、更に複雑に。
二画面に分けて、伏線回収するところが個人的に好き。
食卓のラストシーンもなんでこのメンツ?となるが、相関図とともに見れば、なるほど!ってなれる。
タイトル通り暗い内容ではあるが、綺麗な映像で見応えのある作品でした。
シーズンが進むたびにどんどん広がっていく風呂敷、雪だるま式に膨れ上がる謎、
「本当にこれ回収できる?大丈夫?」と心配していたもののS3では怒涛の回収。毎回そうなるか〜!と驚かされっぱなしでした。

あれだけ壮大になった末に、
最終的にはボーイミーツガール、そしてたった1組の家族を救うというシンプルな命題に帰結していく様が美しくもありました。

また、無限のタイムリープに取り込まれてしまった人々の「楽園」が、存在ごと無に帰すという選択だったことが切なくも心打たれます。

心から観て良かったと思えた作品でした。
今まで観た中で断トツにややこしかったけど面白かった〜!タイムトラベル系映画は何個か観てきたけどここまで絡まったのは脚本家すごい....

S1とS2でパラレルワールドが存在したよ永遠ループだよっていう感じで終わるのかなと思っていたけどまさかの両方が存在してはいけない世界の結末だとは思わなかった。ものすごい3部構成。。。

S3は毎話情報過多だからずっと大変な内容だったけど結末は綺麗にまとまってあれでよかったよ〜〜ヨナスはヨナスじゃないだろうなっていうのはちょっと悲しい
あと去年の夏に...以降が気になりすぎるけど....
いや〜ここまで長かった〜やっと観終わったって感じ笑
前々から思ってたけど、青年・中年・老年と世代が変わっても誰かがわかるように、顔が似てる人を集めてきてることがすごい。
この超複雑な脚本を考えた人の頭はどうなってるんだ?笑
シャイニングの双子出てきたのびっくりした!

シーズン3に入ってから世界線が増えたせいで頭がついていかなくなったけど、なんとか全体像はつかめた。
もう1つの世界線でデジャブがいっぱい出てたし、ほんとにこの物語終わるの?って思ったけど、上手いことラストを迎えててよかった。

最初は中年クラウディア好きじゃなかったけど、めちゃめちゃ重要人物やんけ!
あと、2つの世界を作っちゃったタンハウスが強すぎる笑
最後に一つ言いたい。ウェラーの右目について教えてくれ!!笑
前シーズンのフィナーレで、パラレルワールドの伏線が出て来てガクッ。永遠の時間の繰り返しにどう風穴を開けるかが見ものだったのに、パラレルワールドはチートだと思う。シリーズ・フィナーレもきれいではあるが、ありがちなところに収めてしまった。意欲は買うが、前シーズンからはダウン。

あなたにおすすめの記事