きなこ

テセウスの船のきなこのレビュー・感想・評価

テセウスの船(2020年製作のドラマ)
3.9
僕だけがいない街も、映画より長いこのくらいの尺でドラマになんないかな〜。
あと、犯人がサイコパスじゃないがっつりミステリーなドラマも見たい。

再放送で一気見。
鈴木亮平、上野樹里、貫地谷しほり、ユースケサンタマリア、好きな役者さんたちが出てるんだよなあと思いつつリアルタイムは見逃した。

ミステリーが好きなんですけど、これは感動の家族ドラマにちょっと寄ってるんだな。絵に描いたようないい家族の未来を守れるか?っていうのが軸。そういう目線で見ました。
佐野家の幸せ感をこれでもかというくらい見せられるので、未来パートがむしろ信じられないほど。榮倉奈々の母親をこんなに変えてしまうなんて、相当恐ろしいなあと思った。

上野樹里ちゃん、何気に3パターンの人生(主に2つ)を演じたのかな、どれも微妙に違うけど確かに同じ人で素敵だった。カッコ良い演説?シーンがドラマ通してもかなり印象的。
貫地谷しほりちゃんも同じく。鈴木亮平との刑務所の猪木がすごく好きで、2人の表情だけで泣けた。鈴ちゃんは子役ちゃんも好きだったのですが、なんとなく2人はしっかり繋がる感じ。
ミステリーの主役としては、心さんは相当にポンコツ寄りなのですが、家族ものとしてはとてもぴったりな、普通の良い人。事件とか言われてもそんなにうまく立ち回れないのが当たり前の、普通の人。竹内涼真あんまり見たことなかったんですけど、心さんに合ってた。
安藤政信さんとか、麻生祐美さんもいちいちみんな良かったです。弟くんも可愛いし。
何より、鈴木亮平の存在感はなんなんだろうなぁと全編通して思いました。あの熱さってちょっと間違えると白々しくなりそうですが、違和感なく見れました。