にゃん

病室で念仏を唱えないでくださいのにゃんのネタバレレビュー・内容・結末

4.3

このレビューはネタバレを含みます

おじさんが亡くなるシーンは"友達"の悲しみも苦しくなるほど描かれていて涙。
でもどんな時でも救急要請が入れば行かなければ行けないドクターの切なさ。

ドラマの序盤では念仏みが強くて鬱陶しかったが、中盤でそれがなくなり仏の教えを伝えているのが素敵。

最終回でおじさんの人生会議に「念仏を唱えてもらうのが楽しみ」と書かれていて泣いた。泣きながら念仏唱える松本先生の姿にまた泣いた。

濱田先生はどこかで心を入れ替えると思っていたが、チラッと根の優しさを見せただけで嫌味な性格はそのままだったところが逆に良かった。笑

あと患者の娘役で出てきた谷花音ちゃんの お母さん!と叫ぶ演技力が高くて泣けた。

こどものオペ成功後に亡くなるという予期せぬ事態が起き、こどもハートセンターの設立が断念されたが、研修医の田中先生がおぼっちゃんと知り心外に勧誘していたので5年後のシーズン2があるのも面白いなぁと思った。