もろにゃん

ミセン-未生-のもろにゃんのレビュー・感想・評価

ミセン-未生-(2014年製作のドラマ)
5.0
わたしイムシワン大好きなんですよ。

ずーっと韓国ドラマはラブロマンスばっかり見てきましたが、初めてのガッツリお仕事ドラマ。
ラブロマンスのラの字もありませぬ(でもそれが良かった)
最後これからちょっとありそうな匂わせはあったかな?笑
社会人は、本当に理不尽なことばっかりで、自分が悪くないのに謝罪したり、逆に感謝さえされなかったり。
ちょっとしたミスでも、何故そうなったのか、今後ミスをしないためにどうするのか考えさせられたり、めんどくさいこともいっぱい。
もう本当に嫌になることもあるけど、それが会社員というもので。
自分が辞めたところで何の損失もなく、会社は同じ毎日を迎えるわけで。
わたしなんか歯車の1つでもない。
でもチャングレと同じようにきっと寂しいとは思ってもらえるかな。笑
韓国はいまだに学歴社会、男尊女卑なのかな。
チャングレは本当に周りに恵まれたよお。
自分には何もないと思ってるからそ、すべてに対して誠実で一生懸命。
誰かが見てくれてるからね。
同期4人のそれぞれの成長を描いてて、もうみーんな先輩にムカつくことばっかりだったけど、そうやって指導してくれてたことを知ったり。
ちょっとずつちょっとずつ先輩・上司ともお互いの距離を縮めてく。
会社は仲良しクラブじゃないからね。
だからこそちょっと愚痴ったりできる同期の存在が大事なのかも。
ほんと同期っていいなって思った。うらやましい。
(転職したので同期いない)
誰かが仕事辞めても、変わっても、一緒に成長してきた時間はかけがえのないものだから、この関係は変わらないでいてほしいな。
もう社会人10年目ぐらいですが、本当に大切なことをこのドラマからたくさん学びました。
仕事内容も全然違うし、大手でもないし、もっといい意味でゆるゆるな会社だけど、仕事との向き合い方は少しだけ、ほんの少しだけ変わったかも。
早く帰りたいって思うだけじゃなくて、どうしたら定時で帰れるのか、効率よく仕事が出来るのか、とか考えなきゃなと。
あー久々に言葉がいっぱい出てきて、長いレビューになっちゃった。
まだまだ書けそうだけどこの辺で。

まあ最後に何が言いたいかというと、わたしはイムシワンが大好きなんですよ。(大事なことなので2回言いますね、本当はもっと声を大にして言いたい)
何あの端正な顔立ち。
好きです。(告白)