骨法十か条

24 -TWENTY FOUR- シーズン5の骨法十か条のネタバレレビュー・内容・結末

24 -TWENTY FOUR- シーズン5(2006年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

 ジャックの秘密を知る仲間たちが次々と殺されて、別人として生活してたけど。そりゃヤバいとCTUに復帰しつつテロリストと戦っていく24話。

 朝からいきなり殺人事件が起こって1話45分のスピード感が凄いです。空港占拠から神経ガス強奪など、よく考えるなと感心するテロリストたちの攻撃の波状攻撃は相変わらずです。
 主人公のジャック・バウアーは臨時の捜査官になって、国家の敵には容赦なく追跡していきます。
 主人公たち相変わらず24時間寝ないしご飯食べないしの企業戦士っぷりも感心しながら見てました。

 今シーズンはテロリストの戦いをメインに描かれつつ、一連の事件の黒幕との戦い。残り数時間はいつも通り主人公が濡れ衣を着せられ、政府機関から狙われて、数少ない味方と共に事件を暴こうとする。ここらへんからちょっと無理な感じを受けてしまって、軍隊とかを敵にしても突破していくので、逆に政府機関の捜査って弱いなと思ってしまいました。無敵の主人公たち。
 追い込まれるけど逆に黒幕を追い詰めていく主人公たちと追い込んでるけど追い込まれていく黒幕の交互の展開。

 相変わらずCTUに裏切り者多くてセキュリティ心配になってしまったりもしますが、面白い24時間でした。