三浦部長、本日付けで女性になります。のドラマ情報・感想・評価 - 4ページ目

「三浦部長、本日付けで女性になります。」に投稿された感想・評価

デパルマ

デパルマの感想・評価

3.0
0
妻子持ち40代のおっさんが、初めてトランスジェンダーとして生きることを自覚していくコメディドラマ。主人公がほとんど葛藤しておらず、周囲の反応などドラマの描き方も非常に表面的。
chr

chrの感想・評価

3.4
0
nhkタイトルは、
三浦部長、本日付けで女になります
みたいなんやったのにタイトル違う!
ムロツヨシはムロツヨシにしか見えなくなってきて演技とかがわからんようなってもうたー😭
ぬこを

ぬこをの感想・評価

3.0
0
NHKは「三浦部長、本日付けで女性になります。」てタイトルなのになぜここでは「総務部長はトランスジェンダー」なんだろう🤔途中でタイトル変わったパターンなのかも?
自分の長年連れ添ったパートナーが突然変わっていく、妻からの立場の混乱も私は理解してしまう。しかし自分自身を騙すことなく生きることを決めた三浦部長は内面からのキラキラが出ていて眩しく、「自分らしく」なんていう言葉なんかよりも正しさを見た
でもこのドラマに軽いコメディ要素必要だったかな?コメディとシリアスがごちゃ混ぜになっていてなんとなくうーん…。ムロ居るところにコメディありな時代だな
「これは経費~」につづきコーヒーを片手に持つ伊藤沙莉、どの女優よりもOLですよ
もっさん

もっさんの感想・評価

3.3
0
笑いもあり、考えさせられるところもあり。
単発ドラマだからあっさりあんな感じだったけど、奥さんの心情ははかりしれないよなあ。
ムロツヨシの歩き方がちゃんと女の人っぽい。
伊藤沙莉は今回も良い仕事してた。
マルコ

マルコの感想・評価

-
0
むかし職場におなじような経緯で
見た目も名前も変えて
女性になった部長がいたことと重なった
「三浦部長、本日付けで女性になります。」

安雄がだんだん女性に見えてくる、ムロツヨシマジック!

まだまだ、頭のお固い人が多いのも現実。
安雄のメンタル強すぎ。

これ、単発ドラマ?なのかな?
続きみたいな。
なっこ

なっこの感想・評価

3.1
3
あらすじ (NHK home pageより)

食品会社の総務部長・三浦安雄は、会社の送迎会で女装姿になり、今までにない解放感を味わう。最初はこっそり女装やメイクを試していたが、トランスジェンダーの先輩・つばきさんに「女装がしたいの?女性として生きたいの?」と問われ、女性になりたいという気持ちが高まる。メンタルクリニックで「性別違和」と診断された安雄は、妻のカオリに思い切って告白するが、混乱したカオリは全否定。女装道具を捨てるよう命じられた安雄は、近所のトランクルームに運び込む。 ある日会社での女性軽視のやり方に憤慨した安雄は、後輩のはるちゃんの反対を押し切り、“自分はトランスジェンダーである”ことを一斉メールで通知。トランクルームで女装し、“女性として”働く生活が始まる。だがカオリにばれてしまい、会社でも上司の差し金で地方転勤が持ち上がる。安雄は果たして「女として生きる道」と「愛する家族との生活」を両立できるのか……?!

感想

女として、生きていく

そのハードルと現実をどう描くか。パートナーである奥さんが女として幸せでないと物語としては成立しないはずだと思って見ていた。だから、ラスト近くの彼女の決断が何よりかっこよかった。

家族って何だろう。蕎麦屋を始める旦那の相談はできても、女装家となった夫の話はまわりに出来ない。本当に重たい悩みに苦しむ人の話を、私たちは聞いてあげられないのかもしれない。そういうことを偏見なく好奇の目を向けることなく聞いてあげられるだろうか。そういう家族の問題を内向きにしてしまう社会への問題提起。そして、女性をプロジェクトリーダーにしておきながらお遊び程度の結果しか出させないような男性中心でまわる仕事の世界には心底うんざりだよね、ダッセーんだよホント、あのつぶやきは良かった。
いちご

いちごの感想・評価

-
0
タイトルは『三浦部長、本日付けで女性になります。』最近、こういうドラマが増えた気がする。ふと思うのだけど、女性の心を持つ=スカートをはいてお化粧するではないと思う。三浦部長はトランスジェンダーと診断されたが、女性になりたいというより女装が好きという感じに思えた。
トランスジェンダーも人それぞれなのかもしれないけど、いろいろ考えさせられながらコミカルに作られているので楽しく見れた。旦那さんに突然女になりたいと言われたら受け入れられるかどうか難しい。本人も家族が一番つらいから、関係ない他人がとやかく言うことではないのかなって感じた。
はやぴ

はやぴの感想・評価

3.3
0
今時のテーマだけど、ネタ感と社会派的な要素が中途半端だったような、、笑うのと考えさせられるのとどっちかに極振してくれたほうが見易かったと思料。