daiyuuki

来世ではちゃんとしますのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

来世ではちゃんとします(2020年製作のドラマ)
4.1
大森桃江(内田理央)は、激務、低賃金なCG制作会社「スタジオデルタ」で働く社畜アラサー女子。そんな桃江の趣味はセックス。
A君~E君という5人のセフレがいて、日々ローテーションを組んで関係をもっていた。
中でも一番のお気に入り、ハイスペイケメン・Aくん(塩野瑛久)には本気で恋をしている。
しかもA君は性癖がかなりハードコア。マニアックなSМプレイを要求してくるが、桃江はそれを喜んで受け入れているのだった。
ところがある日桃江はA君から「彼女ができた」と報告される…。
一方、桃江の同僚・高杉梅(太田莉菜)は恋愛に全く興味がなく、BL好きなオタク女子。
日々、男性同士の恋愛に妄想を膨らませる梅だが、彼女には誰にも話せないある秘密があり…。 ソープ嬢にガチ恋する日山、処女厨の林たち、拗らせた大人たちに、幸せは来るのか?
いつまちゃんの同名コミックをドラマ化。
セフレの1人にガチ恋している桃江、二次元のイケメンにしか恋していない梅、過去のトラウマから処女厨の林、ソープ嬢にガチ恋している日山など拗らせた大人たちが、本命のセフレに振り回されても一緒に過ごしている時間があればいいと思っても気が合う仕事仲間の松田に桃江がふらふらとなってしまったり、梅が3次元の恋が出来ないかとレズバーに行ったり、女装男子に言い寄られている内に惚れてしまう林、ガチ恋しているソープ嬢にキモいと思われながら副業で書いている漫画が認められた日山など、自分のイタさに悩みながら生きていくユーモラスな大人の青春ドラマに仕上がっているし、内田莉央や太田莉菜の大人可愛い好演や小関裕太の身近な感じなイケメンぶりが印象的なラブコメディドラマ。