あっかんべー

ペーパー・ハウス シーズン1のあっかんべーのレビュー・感想・評価

ペーパー・ハウス シーズン1(2017年製作のドラマ)
5.0
「夢は叶えることができる。誰も傷つけずに」

強盗はロマン〜。
プリズンブレイクにハマってた時期を思い出した。
頭脳戦が好きで、物語のテンポを重視する人に向いてるドラマ。
先が読めなくて展開もありきたりじゃないからこれはハマる!

あと開始してすぐに銀行強盗が始まるから良い。物語の進行に合わせて過去の回想シーンが入る、構成がうまい。

キャラクターもそれぞれ魅力的。

トーキョーの狂犬感が可愛すぎる。
デンバーの笑い方面白い。
ナイロビくそ良キャラ。
ベルリンのサイコパス感良き。
教授、頭良い。ラケルの人間味。

何より赤いつなぎにダリのお面がキザ過ぎてかっこええ笑

トーキョーがほとんど活躍なしでただの語り手なのも面白い。
ダリのお面についてあーだこーだ言ってる男達に
「ここには女が必要だ。

女は靴を選ぶのに2日かけるけど

強盗用のお面は一瞬で選べる。」
って捻りをきかせたナレーション入れるのも好き。

一切無駄のない脚本。
何気ないことも後々重大なピンチに繋がったり、問題が問題を呼ぶ展開に目が離せない。
このドラマは〝ヤミツキ 〟って表現が一番的確。