よし

ペーパー・ハウス シーズン2のよしのレビュー・感想・評価

ペーパー・ハウス シーズン2(2017年製作のドラマ)
4.0
チャオチャオチャオ♪ 仲間割れと謀反そしてクライマックスへ、それぞれの恋路の行方その果てに待つ終着点。シーズン1にも増してそれぞれのキャラにも愛着を(トーキョーお前だけは絶対許さないからな!!怒)。そこから残された時間は花火のように刺激的でなかなか飽きさせない。間延びすることなく尺を伸ばしていく最終決戦は二転三転方向転換しながら観客に驚きを与え続けてくれる。大文字骨太に燃える。最後の最後まで既視感とドヤ顔目に浮かぶような後出しジャンケンもあるけどやっぱり気持ちいい。充電器使います?

主人公トーキョー=キレやすく早合点で死を無視する自己中心極まりなくウザい傍迷惑、リオ=クソガキ、鼻ピアス警部ラケル・ムリージョ=キチガイ&キャラぶれぶれ、モスクワやられたときなんかもうねバク切れですよ

3発よ!→誰のせいだよ!!「バックミラーは見るな」もはやサラ・コナーな警部(笑)「誰が悪人なのか分からなくなった」「俺はカッコよくいく」ベルリン〜〜!!(泣)「ロミオとジュリエット!ボニーとクライド!おれたちは悲劇のカップルだ!!」
https://jp.ign.com/binge-it/43139/feature/netflix