AKABEST

屋根部屋のプリンスのAKABESTのレビュー・感想・評価

屋根部屋のプリンス(2012年製作のドラマ)
4.2
なんだか、夢中になってしまった。
2012年の作品で、
鮮度はさすがに落ちているが、
タイムスリップファンタジー設定の
アイデアは
ありがちだけど構成が新鮮。
視聴疲労度を上げる要素としては、
悪役に対するイライラ度は結構高め、
とはいえ、劇中歌で「ハッピーエンド~」
なんて、よく聞こえてきたので、
きもちを押さえながら視聴。

とにかくハン・ジミンの演技力に圧巻。
別作品ですが、
知ってるワイフを日本版と見比べたが、
怒りパワー全開の時と、
キュートキャラの
緩急が比べ物にならないぐらいうまい。
良く見える鼻の穴も個人的に好きです。
この作品で、注目度が更にアップしました。
世子様君も好感度があり、
相変わらず主役の取り巻きが
いいキャラだね。
(映画、the witch/魔女とパラサイトの
チェ・ウシクも出てて 嬉び。)


うーん。
とっても良作。

そういえば、
韓国って主役がベントハウスに
住む事が多い。
このドラマは
途中でデカめの家が
屋上に建つけど
地震大国の
日本じゃありえない。
脚本設定てきには
デカイ方が良いんだけど、
デカすぎだな。屋上の
床の強度がもたない、
ドンフンは許してくれないだろう。


カムサハムニダ!