屋根部屋のプリンスのネタバレ・内容・結末 - 3ページ目

「屋根部屋のプリンス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

バッドエンドではじまって、未来で真相を探っていくという設定が好みで観ていました。
物語の核を握るセナとパク・ハの姉妹のどちらの境遇にも共感できました。

嫌なことからすぐに逃げようとしたり、自分を良く見せようとしたり、誰からも好かれる天然の良い子と自分とを比べて怖くなったり。セナの弱さには共感できます。だけどその弱さに流されてしまったら、どんどん悪い方向に行ってしまうんだと思いました。

パク・ハは最後までセナに置き去りにされたことを他言していなくて強いと思いました。
なにもかも受け入れて自分は自分と生きているのが柳みたいで憧れます。
何も知らずとも側で支えてくれる人がいれば秘密があっても幸せなんだと思い、心が軽くなりました。

セナの弱さに身が引き締められ、パク・ハの強さに励まされるドラマでした。
ユチョンにハマった流れで観た。
コメディか?と思ってたら、最初の1話がなかなかない入り方、設定で面白すぎてどっぷり。
いきなり嬪宮が池でってサスペンス!
しかもそれがまたラストと絡んできて、観終わってすぐにまた1話見返した。
しかもラスト切ないし。どういうこと?どっち?ってなったな。

最初の頃はコメディタッチで長髪ジャージは微妙だなー。最後までこれだったらどうしようと思ったけど、髪切ってからめっちゃかっこよかった。
ユチョンは時代劇の衣装もよく似合う気がする。最初のシーンも迫真の演技でよかったんだよね。

パク・ハが歴史資料みたいなのを見た時に、何が書いてあったのか、イ・ガクは実在した人物なのかすごい気になって調べたなー。
そしたらイ・ガクが粛宗と張禧嬪の息子である景宗じゃないかという情報があった。
面白い。

チョン・ユミちゃんも可愛いかった。
だ〜〜〜〜〜〜〜〜いっ好き!
14話でイ・ガクがパク・ハが
プヨンだとやっと気付くところ
特にあのシーンが大好きです!
|<