tokutoku

逃げるは恥だが役に立つのtokutokuのレビュー・感想・評価

逃げるは恥だが役に立つ(2016年製作のドラマ)
2.9
2人の夜の情事の場面が、いやらしさなくコミカルに演出されていて面白い。また心理学専攻の主人公らしい、数々の脳内演出がクスッと笑える。+1

コミカルな演出だが、「家事の対価」というとても根の深い問題を切り取っている。その問題が、10話の最後〜11話に提起され(なんなら、この2話だけでいいから見てほしい。)夫婦円満となるためのウルトラCな解決策はなく、とにかく「システムの再構築」を繰り返しながら、時には逃げて恥もかきながら、どうにか生き抜くことを訴えて終わる。+1

新垣結衣かわいい、大谷亮平かっこいい+0.9