逃げるは恥だが役に立つのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「逃げるは恥だが役に立つ」に投稿された感想・評価

河村恵

河村恵の感想・評価

4.0
0
長女が生まれる直前に観ていた。
陣痛が進まなくて恋ダンス踊ったな。
まりこ

まりこの感想・評価

4.7
0
東京ラブストーリーとこれは再放送があるたびについつい見てしまう。
東京ラブストーリーは最後がなんとも言えない辛さがありますが、これは幸せな気持ちになれますね。
女性の私でもみくりちゃんの可愛さにキュンキュンします。
はる

はるの感想・評価

4.5
0
ニヤニヤが止まらなかった 私も平匡さんみたいな人と出会いたいのでガッキーになろうと思う
nasa

nasaの感想・評価

4.5
0
・『好きの搾取』とか『可愛いの前では、服従。全面降伏』とか刺さるワードセンスがすごい…
・説明すると難しい内容もわかりやすいから、毎年のように再放送で見ても楽しい
「野木亜紀子」を知った作品。
元々好きな俳優だった星野源、新垣結衣が主演ということで期待大で待ってたのだが観ればまあ面白い面白い。
ドラマ沼にハマったきっかけ作品。

これは実際に好きな人同士で語りたくなってしまう作品。好きな人いたら鑑賞会開きたい。

これで石田ゆり子と大谷亮平を知った。あと成田凌好きになった。
ashy

ashyの感想・評価

3.9
0
コメディなのに泣きながら観てしまった。人生で一番の幸せは、普通でない自分を受け入れてもらえることなんかもしれんな…
きぃ

きぃの感想・評価

-
0
見直してますが、ニヤニヤとほっこりがとまりません。
ガッキー好きだぁ!!可愛い。
HAL

HALの感想・評価

4.4
0
「それは、「好き」の搾取です。」
こんな台詞をヒロインに言わせるドラマがあっただろうか。あったのかもしれないが、これが国民的作品として受け入れられたことの喜ばしさとそれでもなおオリンピック関連で浮かび上がる女性蔑視の現状がおぞましく感じる。

みくりは妄想家としてコメディチックに描かれるが、それは時として理不尽な現状と向き合うためのシミュレーションであり、分析であり、理知的な戦いなのだと思う。そしてまた有害な男らしさに抑圧されてきた平匡もまた、ある種の草食系男子のような弱さやかわいらしさと共に描かれているが、冒頭の台詞が放たれる10話クライマックスにおいて彼は驚くほど無意識男性優位社会に身を任せたまま「結婚」という制度を利用しようとする(この場面は「制度に乗っ取られている」ようにすら見える)。

しかしこのドラマにおける戦う主体はやはりみくりであり、このドラマにおける男性は自身の持つ男性性を一度解体し、女性と共に進もうとする。忘れていた頃に冷や水を浴びせるような10話の展開にびっくりしたし、「結婚」にも「恋」にも流されずに踏みとどまり、自身の言葉で戦おうとするみくりの姿(とフルコーラスのエンドロール!)が異様に感動だった。

ただ、あえて書いておくんですけど、たまたまこのドラマを僕が『大豆田とわこ』と並行して観ていて、そのせいでちょっと(特に最終回あたりは)あまり集中できていなかったような気もしてます。もう少しして落ち着いたら新春スペシャルも観たい。
totokim888

totokim888の感想・評価

3.5
0
過去視聴作品…。

当時…なんとなく見てたドラマ…。
『恋ダンス』で一躍有名になったけど…。
ドラマの内容的には…普通って感じ…。

毎週…楽しみにするってほどでもなく…。
見逃しても…『残念』とも思わず…。
私にとっては…そんな感じのドラマ…。
iulet

iuletの感想・評価

3.8
0
スペシャルで気になり、下火になったので鑑賞。ストーリーにはあまりリアリティを感じないけれど、社会批評が詰め込まれてて自分ごととして落とし込めた感じがある。
キャストが実際に結婚したのはこのドラマの結末のようにすら思えた。