はるメロン

鈍色の箱の中でのはるメロンのレビュー・感想・評価

鈍色の箱の中で(2020年製作のドラマ)
3.0
ドラマのクオリティに関して、ヴァイオリンの演技がひどすぎて(音と弾き方が全く合ってない)それに引っ張られすぎてB級通り越してC級…と言いたいくらい…。

とにかく律がピッタリでかっこよかった。
ても最終回でいきなり人変わりすぎてちょっと…
岡本夏美さん演技見たことなくて顔だけではあまり好きじゃなかったけど時々可愛く見えて少し好きになった。

原作もちょっと読んでるから言うと、基秋は萩原利久ではない気が!
律と完全対比させる意味でも原作寄りにする意味でも童顔めな感じの人が良かったんじゃないかな