どど丼

鈍色の箱の中でのどど丼のレビュー・感想・評価

鈍色の箱の中で(2020年製作のドラマ)
2.8
一つのマンションに住む高校生の男女5(+1)人が繰り広げる恋愛群像劇。若者の昼ドラ。「月とオオカミちゃんには騙されない」で毎回宣伝されてたやつ。深夜3時放送にもなると逆に昼ドラ化するのか。

設定はそこそこ面白くできそうなのに詰め込みすぎて、重いはずの話がギャグ。寝取られも流産も児童虐待も軽く流して最後はみんな仲良し!幼なじみとはいえどんだけ深い絆……幼少期の話も全然描かれないからなぜここまで酷い状況でも相手を気遣えるのか不思議でならない。ツッコミどころ満載の謎ドラマでした。10話あればまだマシだった気がする。作品としての完成度は低いけど高校生の幼なじみ同士のドロドロ感は好み。

誰とでもキスする金髪メンヘラ神尾楓珠はとても良かった。なぜこうも闇を抱えた色気のある役が似合うのか……。