ちちうえ

大都会 闘いの日々のちちうえのレビュー・感想・評価

大都会 闘いの日々(1976年製作のドラマ)
5.0
後年の「大都会PARTⅡ」「大都会PARTⅢ」「西部警察」などでおなじみの石原軍団の刑事ものとはまったく異なる。

派手な銃撃戦もなく、主人公は捜査1課ではなく暴力団相手の4課、人間ドラマを主軸においた傑作刑事ドラマ。

メインライターは「北の国から」の倉本聰

黒岩刑事はまだ若手で、高品格からクロと呼ばれていた。PARTⅡ以降は偉くなって“クロさん”と呼ばれるようになる。
黒岩軍団でも大門軍団でもなく深町軍団。団長の佐藤慶はチョコ好き。

印象的なゲスト出演が多い「協力者」松田優作、「急行十和田2号」坂口良子、川谷拓三、「山谷ブルース」志賀勝、「大安」内田朝雄、「アバンチュール」木の実ナナ、「前科者」室田日出男、「約束」高橋悦史、「俺の愛したちあきなおみ」高橋洋子。
スターが出ていなくても「雨だれ」のような傑作があった。

ここまでクオリティの高い傑作刑事ドラマを作っていた石原プロがなぜPARTⅡからあんなことになってしまったのかまったくわからない。

U-NEXTで鑑賞