大都会 闘いの日々のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「大都会 闘いの日々」に投稿された感想・評価

ちちうえ

ちちうえの感想・評価

5.0
2
後年の「大都会PARTⅡ」「大都会PARTⅢ」「西部警察」などでおなじみの石原軍団の刑事ものとはまったく異なる。

派手な銃撃戦もなく、主人公は捜査1課ではなく暴力団相手の4課、人間ドラマを主軸においた傑作刑事ドラマ。

メインライターは「北の国から」の倉本聰

黒岩刑事はまだ若手で、高品格からクロと呼ばれていた。PARTⅡ以降は偉くなって“クロさん”と呼ばれるようになる。
黒岩軍団でも大門軍団でもなく深町軍団。団長の佐藤慶はチョコ好き。

印象的なゲスト出演が多い「協力者」松田優作、「急行十和田2号」坂口良子、川谷拓三、「山谷ブルース」志賀勝、「大安」内田朝雄、「アバンチュール」木の実ナナ、「前科者」室田日出男、「約束」高橋悦史、「俺の愛したちあきなおみ」高橋洋子。
スターが出ていなくても「雨だれ」のような傑作があった。

ここまでクオリティの高い傑作刑事ドラマを作っていた石原プロがなぜPARTⅡからあんなことになってしまったのかまったくわからない。

U-NEXTで鑑賞
kawasaki2000

kawasaki2000の感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

暗くじめじめした感じが素晴らしい。
倉本聰が力を入れただけある。
公開時は不人気だったらしいが、刑事モノじゃ一番好きだ。
特に好きな回は、高橋悦史の出てる『約束』、これは出色の出来。
脚本が倉本聰じゃないんだけどね。
バカな昭和男の損得抜きの行動が泣かせる。
クライマックスの斬り込みも芝居掛かっていて素晴らしい。
おかげで高橋悦史の大ファンになった。
これが浪花節、男前っていうんじゃないのか。
もう現在の日本人には分からないんだろうなぁ、老いも若きも。
裕次郎も、渡哲也も、高橋悦史も、もういない。
ぽとす

ぽとすの感想・評価

-
0
01 過去鑑賞 地上波
02 過去鑑賞 地上波
03 過去鑑賞 地上波 。
comet

cometの感想・評価

4.5
0
2021年9月24日〜2022年8月20日

放送当時は小学生で観ることができなかった。こんなに見応えある素晴らしいドラマだったとは…

雑感は各エピソードのコメント欄に。
上海十月

上海十月の感想・評価

3.3
0
U-NEXTで視聴。石原裕次郎初のテレビ制作と。当時見てないな。多分親が見せない。黒岩刑事の妹、恋人はヤクザに暴行されてトラウマになっている。重すぎるだろう倉本聡!石原裕次郎が新聞記者で黒岩刑事の大学先輩と言うドラマ構成としては結構厳しい。結構無理矢理な感じだ。印象的なのは、「急行十和田2号」だ。川谷拓三演じるスケコマシが家出した坂口良子を引っ掛けるが助ける話。もはや黒岩刑事、石原裕次郎は、意味ない。他にも伴淳が熱海のブルーフィルムを斡旋する案内人の変な悲哀があり、バラエティ。でも篠ひろ子との恋愛は変。
mina

minaの感想・評価

4.9
0
記録
kirio

kirioの感想・評価

-
0
渋い
過去の記録用
tokkun1002

tokkun1002の感想・評価

2.0
0
tt

ttの感想・評価

-
0

あなたにおすすめの記事