うっちー

梨泰院クラスのうっちーのレビュー・感想・評価

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)
4.2
 これだけ短期間でビンジ視聴したのってあまり経験がない、くらい面白かった‼️ パク・ソジュンとくにファンじゃないし、この人特に演技が上手いわけでもない。なのに人を惹きつける迫力が凄い。上背があって、肩幅も広く、均整のとれた体型。立ち姿がめちゃくちゃ絵になる。しかもなんとなくとぼけたかわいさがあるなぁ。人気なのも納得な気がした。

 序盤ではセロイとそのお父さんの関係に感心させられる。親子だけれど、お互いにそれぞれをひとりの人間として認め、尊重し合う関係。韓国ではなかなか珍しいタイプの理想的な父親像ではないか。やたらと暴力父出てくるイメージが強いから。このお父さん役の俳優さんが上手くて、泣かされた。セロイの、この上なく強く優しいキャラクターの原型になっているお父さんなのだ。

 それと正反対に何もかも腐っている長家。子どもが奇跡的に良い方向に向かう兆しを見せると、その芽をことごとく潰す長家の長=会長。演じる俳優さんの不気味さの演技が巧み。また、その会長の影響をもろに受けた息子たち、グンウォンやグンスも、それぞれに捻れていて、悲劇的だった。特にグンウォン。残酷で陰湿で、終盤の悪役としての仕上がりはかなりのものだが、一方哀しさや憐れさも感じる。

 セロイを巡るスアとイソの争いも面白い。スアはモデルばりの容姿のクォン・ナラで、セロイの心を掴んでることに自覚的な余裕っぷりなのだが、スア本人は悪い子ではないが、イソの人間的魅力には到底太刀打ちできない。それほどイソという少女のキャラクターは魅力的。賢さやセンスの良さから始まり、ある意味残酷かつ辛辣な言動が目立つ子が、セロイに惚れたことでどんどん変化し、人格の方向性が変わってゆくさまが面白いのだ。されど、基本のイソはそのまま。演じてるキム・ダミも大変な熱演だし、なんせどうしようもなくかわいい。セロイが、最初は恋愛対象に見ていなかったというあたりのエピソードもなんか好感もてるし、それでもどんどん惹かれてゆく感じが、観ていてキュンとした笑。

 タンバムのスタッフたちも個性的で、あの仲の良さがなんともかわいらしくて。

 ちょっと前には日本でもこんな熱い男キャラのドラマが結構あった。今じゃなかなか見当たらないが。その手の勧善懲悪ものと人間ドラマ、そして嫌味のないラブストーリー要素が絶妙にシンクロしたドラマ。もう一周見返したいくらい、楽しくてワクワクする時間だった。素晴らしいドラマをありがとうと言いたい。