芹沢由紀子

梨泰院クラスの芹沢由紀子のレビュー・感想・評価

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)
3.4
みんなが観てたからていう理由で観た。ミーハーなわたし

韓国コンテンツ=復讐物がおもしろい
っていう先入観をそのまま体現してくれたドラマ
だけど、復讐される側のドラマの方が悲哀があった。

あの御曹司、あんなに恵まれたルックス、家柄、なのになんであそこまでクズに育った。かわいそうすぎる。

主人公セロイは、実力はほぼ伴わないが、人望力だけはケタ外れにあり、自分に心底惚れて尽くしまくってくれるずば抜けた優秀な人材のおかげでのみ成功していく。
このドラマの見どころは、何を差し置いてもイソの存在。
最初はどこがいいのかわからないくらいブス!と思って観ていたのに、だんだん超絶美形の初恋のスアの方がむかついてきて、イソがどんどんかわいくなる魔法にかかったみたいな展開。

でも最後はかわいそうなくらいスアが報われなくて気の毒だったが、彼女は超絶美形なので、本人が本気出せばいくらでも幸せになれるから別にアタシが心配しなくてもいいんだわね!

全編にわたり、チゲが出てくるから、「チゲ、チゲ、ああチゲ喰いたい、新大久保行くか」みたいな気持ちにさせられた。