q

カルテットのqのレビュー・感想・評価

カルテット(2017年製作のドラマ)
4.4
日本のドラマでは一番好き(ドラマ自体大して見てないですが)。
本作が優れている点は色々ありますが(ほぼ脚本のこと)、ストーリーの転がし方も変幻自在で凄いですが、登場人物のニュアンスやディティールの描き方の無類の見事さは筆舌に尽くしがたいです。
しかし、多少書きますと、言葉遣い、趣味、性癖(こだわり)・・・etc.それらその登場人物独自の【欠陥=個性】がバックボーンを想像させる機能と同時に、のちのストーリーの伏線になっている周到さ(!)中でも食事シーンの妙(‼︎)キャラの説明であり、ストーリーに連関し、その回のテーマを端的に示し、さらに会話自体の面白さがある。離れ業も良いところ。
他にも言葉に出来ない感情を音楽として昇華するという着地を毎回していて、音楽を題材にしたドラマとしてよく出来ています。家族観の現代性もさすがは坂元裕二さん。魅力的な登場人物をちゃんと魅力的に見せた役者さんの素晴らしさは言わずもがなです。

雑感
8話の切なさ。すずめちゃんの気持ちが分かりすぎて…。最終話のちばてつや漫画のような登場人物が一堂に会する熱さも良き。