ゆりぬん

愛の不時着のゆりぬんのネタバレレビュー・内容・結末

愛の不時着(2019年製作のドラマ)
4.8

このレビューはネタバレを含みます

本当の意味で相手を想うということについて考えさせられる
相手の幸せの為を想って、相手への愛情表現を抑えるっていうシーンが切なくて苦しい
それぞれ暗い過去を抱えたセリとリが、互いの愛で支え合って幸せになっていく、その過程が感動。
登場人物の中で、悪い人はその報復として十分に罰せられ、良い人は幸せになって良かった。
ただクスンジュンの死だけが悲しすぎる😭しかも呆気なくて信じ難かった。
ダンとクの未来も想像したかった😭
ダンの母や軍の4人衆とマンボクさん、ママ友達も全員尊すぎて感動もん。(セリの1番の兄の奥さんがわりと好き)
強いていうなら、政治総局長の息子だからこそできる恋愛やんて度々感じた。一般市民の南北の恋などを想うと切ない🤣
あと何と言っても長い🤣