mimitakoyaki

愛の不時着のmimitakoyakiのレビュー・感想・評価

愛の不時着(2019年製作のドラマ)
4.8
ヒョンビンーーーー!
ちょっと、もう最高過ぎたんですけど!
いやー、梨泰院クラスもハマったけど、こっちはそれ以上。
この連休も、食う・寝る・ヒョンビン な生活でどっぷりリジョンヒョクに浸ってセリの気分でおりました。

今までヒョンビンの出演映画もいくつか見てて、あーイケメンだなとは思ってたけど、ジョンヒョクさんヤバイ、好き過ぎる!
前はもっとほっそりしたイメージだったけど、今作では軍人の役だからか体がガッチリ大きくて、軍服めちゃくちゃ似合ってました。
もうスタイル良いから何着てもとにかく素敵。
あの人北朝鮮に実在したら脱北ならぬ脱日してしまうレベル。
わたしにも南町のシャンプーとか買ってきて欲しいし、草原で焚火したいし、一緒に貝を焼いて食べたい♡

とにかく、何があっても還す、何があっても守るっていうね、そのひたむきさや一途さに危うくキュン死するところでした。

韓国の財閥令嬢が、誤ってパラグライダーで南北の非武装地帯に不時着し、知らずに北朝鮮に入ってしまったことから起きる不思議な出会いとスッタモンダを描いたドラマですが、たくさんある笑えるシーンが全部かわいいんです。

とにかく、登場人物がみんな魅力的で愛せます。
北朝鮮の村の世話好き奥さん達もジョンヒョクの4人の部下もほのぼのしてて、彼らのシーンは全部好き。
韓国と北朝鮮とのカルチャーギャップもおもしろいし、韓流ドラマオタクくんとピョチス達のスットコドッコイな掛け合いとソウルでの珍道中も散々笑いました。

北朝鮮の軍人が秘密裏に韓国人をかくまううちに、北も南も敵も味方も関係なく人と人として心が通い思い合えるようになるっていうのが、このドラマのすごく素敵なところで、これまで北朝鮮というと、画一的で自由もなく貧しくて恐怖に満ちた国というイメージしかなかったのですが、貧しいし不便だけど、優しくて明るくて楽しい人達が日々の生活を営んでて、それが生き生きと描かれてたところがすごく良かったです。

村と平壌との生活ぶりや街並みの違いも興味深かったし、全く違う国の人も、私たちと同じように泣いたり笑ったりしてるという当たり前の事がちゃんと感じられました。
あの奥様たちや中隊員たちが、ずっと元気で幸せに生きていけますようにって願いたくなりました。

ソウルと軍事境界線や北朝鮮のケソンまでなんて距離的には近くて、いつでも行って帰ってこれるはずなのに、行き来はもちろん、電話もメールもできなくて、分断されてることの悲しさをとても感じました。

南北首脳会談や米朝首脳会談もあって、南北融和ムードも一時期高まりましたが、その後の進展はどうなったんでしょうね。
75年間も分断され、あまりにも大きく違う北朝鮮と韓国なので、統一するのは相当ハードルが高いのはわかるんですけど、せめて国交ができて、パスポートがあれば行き来できたり、手紙や国際電話やメールも普通にできるようになれば良いのにと願わずにはおれません。

いつかこの作品を見た人が、昔はこんなに不自由で大変だったんだな、こんな時代もあったのかって思える日が来たら良いなと思います。

あと、これまで見てきた映画に出てくる国家情報院て、拷問とかしまくったりして酷い印象でしたが(「スパイネーション 自白」など)、文在寅の民主政権に変わってからはちょっと良くなったんでしょうかね。
初めてスマートで優しい国家情報院を見ました。

ハンマー投げ母さんとリスペクト地下おじさんのパラサイトコンビもいるし、主役の2人はもちろん、ダンとスンジュンのもう1組の南北ペアもほんとに良かったし、脇を固めるキャストも素晴らしいんですよね。パクソンウンやチェジウのサプライズもあり楽しめました。

とにかく、ソンイェジンになった気分でヒョンビンを心ゆくまで堪能できました。
ほんとおもしろかった!

2、7
------------------------------
3回目: 2020.9.19

リジョンヒョク氏は人間の最高峰。

1. リジョンヒョク(愛の不時着)
2. ソジュニ(よくおごってくれる綺麗なお姉さん)
3. チャウノ(ロマンスは別冊付録)
4. ファンヨンシク(椿の花咲く頃)
5. クスンジュン(愛の不時着)
6. キムジョンファン(応答せよ1988)
7. ナムセヒ(この恋は初めてだから)
8. ムンガンテ(サイコだけど大丈夫)
9. トッケビ(トッケビ)
10. パクセロイ(梨泰院クラス)

15